リン(燐)酸肥料(読み)りんさんひりょう

百科事典マイペディアの解説

リン(燐)酸肥料【りんさんひりょう】

リン酸を主成分とする肥料。骨粉は古くから用いられたが,現在は過リン酸石灰溶成リン肥がおもで,ほかに焼成リン肥トーマスリン肥,リン安(リン酸アンモニウム)などが使用されている。水溶性,可溶性,く溶性(クエン酸に溶けやすい)のものがあり,後者のほうが遅効性のため元肥に適する。
→関連項目化学肥料肥料肥料工業葉面散布

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android