コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルテニウム ruthenium

翻訳|ruthenium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルテニウム
ruthenium

元素記号 Ru原子番号 44,原子量 101.07。周期表8族,白金族元素に属する。天然にはイリドスミンの中にイリジウム,オスミウムなど他の金属元素とともに産出する。 1844年ロシアの化学者 K.クラウスがウラル産の白金砂中に発見した。単体は銀白色の金属で,もろく,粉末になりやすい。六方晶系のものは融点約 2500℃,等軸晶系のものは約 3700℃。パラジウムに似て多量の気体を吸蔵しやすい。水溶液の化学的挙動は複雑。白金,パラジウムの硬化元素として用いられ,パラジウム 4.5%ルテニウム合金は装飾,白金 10%ルテニウム合金は装飾,電気接点材料に用いられる。またオスミウムとの合金はペン先などに使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ルテニウム(ruthenium)

白金族元素の一。単体は光沢のある銀白色のもろくて硬い金属。酸にはきわめて安定で、王水にも溶けにくい。ウラル産の白金砂から発見され、小ロシアの古名ルテニア(Ruthenia)にちなみ命名。元素記号Ru 原子番号44。原子量101.1。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ルテニウム

元素記号はRu。原子番号44,原子量101.07。融点2250℃,沸点4155℃。白金族元素の一つ。1844年ロシアのクラウスが発見。光沢ある銀白色のかたくてもろい金属。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルテニウム【ruthenium】

周期表元素記号=Ru 原子番号=44原子量=101.07±2安定核種存在比 96Ru=5.46%,98Ru=1.87%,99Ru=12.63%,100Ru=12.53%,101Ru=17.02%,102Ru=31.6%,104Ru=18.87%融点=2250℃ 沸点=3900℃比重=12.41(20℃)電子配置=[Kr]4d75s1おもな酸化数=II,III,IV,V,VI,VII,VIII周期表第VIII族に属する白金族元素の一つ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ルテニウム【ruthenium】

8 族(白金族)に属する遷移元素の一。元素記号 Ru  原子番号44。原子量101.1。銀白色の金属。硬いがもろい。多量の気体を吸蔵する性質がある。合金の原料などに用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルテニウム
るてにうむ
ruthenium

周期表第8族に属し、白金族元素の一つ。1828年にロシアの化学者オサンG. W. Osannはウラル山系産の白金鉱中に新元素を発見したとし、小ロシアの古い国名Rutheniaにちなんでルテニウムと命名した。この物質は新元素を含んではいたが、非常に不純な酸化物であった。のち1844年にロシアのクラウスKarl Karlovich Klus(1796―1864)によって、イリドスミン(イリジウムとオスミウムの天然合金。白金鉱中に存在)から金属単体として単離された。白金族中もっとも希産で、地球上の存在量は少ない。通常イリドスミンなどの中に他の白金族元素と共存している。粗ニッケルや粗鋼を電解精錬する際の陽極泥を熱王水その他で化学処理し、水和酸化物RuO2・nH2Oとして他の白金族元素から分離する。さらに揮発性の四酸化物RuO4を経てヘキサクロロルテニウム()酸アンモニウム(NH4)3[RuCl6]に変える。水素気流中で熱還元すると粉末状の金属ルテニウムが得られる。[鳥居泰男]

性質と用途

灰白色のもろくて硬い金属。物理的および化学的性質は周期表で直下にあるオスミウムに似ている。この元素の化学的特徴の一つは酸素に対し比較的弱いことである。空気中で熱すると表面に黒色の二酸化ルテニウムRuO2を生ずる。粉末状のものを酸素気流中で熱すれば完全に二酸化ルテニウムに変わる。酸に対しては安定であるが、王水、または空気を含む塩酸には徐々に溶ける。また酸素あるいは酸化剤が共存すればアルカリによって激しく侵される。たとえば、水酸化カリウムと硝酸カリウムの混合物で融解すれば、緑色のルテニウム()酸カリウムK2RuO4を与える。塩素と熱すると反応して塩化ルテニウムRuCl3を生ずるが、硫黄(いおう)とは直接反応しない。パラジウムと同様に多量の気体、たとえば水素、窒素などを吸蔵する性質がある。
 用途はほとんど白金族元素との合金の成分に限られる。たとえば、白金の硬さを増すためにイリジウムと同様に用いられる。これらの合金はもとの純金属より精細な宝石装飾の製作に適している。このほか、粉末状あるいは海綿状の純金属は酸化還元触媒として優れた性能を示す。[鳥居泰男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ルテニウムの関連キーワード自然ルテニウム(データノート)ルテニウム(データノート)直接メタノール形燃料電池リチャード シュロック反強磁性インバー合金固体高分子形燃料電池ロバート グラッブスイヴ ショーヴァンサンドイッチ分子金属カルボニル自然ルテニウム塩化ルテニウム高融点金属材料光電変換材料ルチル型構造電解ソーダ法トリアゾールアンテナ分子ブートレロフシュロック

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルテニウムの関連情報