コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルトスワフスキ Lutosławski, Witold

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルトスワフスキ
Lutosławski, Witold

[生]1913.1.25. ワルシャワ
[没]1994.2.7. ワルシャワ
ポーランドの作曲家。ワルシャワ音楽院で理論と作曲,同地の大学で数学を学ぶ。初期は『交響変奏曲』 (1938) や『パガニーニの主題による変奏曲』 (41) にみられるように新古典主義的作風であったが,1958年 B.バルトークの思い出のための弦楽合奏『葬送曲』で 12音技法を採用,さらに 61年『ベネチアの遊戯』で偶然性の要素を導入,K.ペンデレツキとともにポーランド前衛音楽の代表者であった。代表作である『交響曲第二番』 (67) が第9回京都賞 (93) を受賞し,来日した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ルトスワフスキ

ポーランドの作曲家,ピアノ奏者,指揮者。20世紀後半を代表する作曲家の一人。生地のワルシャワ大学で数学を学んだのちワルシャワ音楽院に入学。《管弦楽のための協奏曲》(1954年)などバルトークの影響の濃い初期作品を経て,弦楽オーケストラのための《葬送音楽》(1958年),室内合奏のための《ベネチアの遊び》(1961年),合唱と器楽アンサンブルのための《アンリ・ミショーの3つの詩》(1963年)などで国際的な評価を獲得。K.セロツキ〔1922-1981〕,T.バイルド〔1928-1981〕,ペンデレツキグレツキら多くの逸材が輩出した第2次大戦後のポーランド作曲界を主導した。〈偶然性〉(偶然性の音楽)の手法などを取り入れながらも作品はきわめて論理的で,その語法はオリジナリティに富む。ほかに《弦楽四重奏曲》(1964年),管弦楽曲《ミ・パルティ》(1976年),《交響曲第3番》(1983年),管弦楽と独奏楽器のための《チェーン》のシリーズ(1983年,1985年,1986年),《ピアノ協奏曲》(1988年)などが知られる。→パガニーニロストロポービチ
→関連項目ホリガー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルトスワフスキ【Witold Lutosławski】

1913‐94
ポーランドの作曲家。ワルシャワでピアノと作曲を学び,新鮮で個性的な作品を書きつづけ,20世紀の偉大な作曲家の一人として評価されている。彼は《管弦楽のための協奏曲》(1954)から《葬送音楽》(1958)を経て,合唱と管弦楽のための《アンリ・ミショーによる三つの詩》(1963)で不動の名声を築いた。彼の音楽には自然な流れがあり,前衛的な技法を取り入れてはいるが,《チェロ協奏曲》(1970)のように構成は論理的で,表現は色彩豊かである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルトスワフスキ
るとすわふすき
Witold Lutosawski
(1913―1994)

ポーランドの作曲家。生地のワルシャワ音楽院に学ぶ。ピアニストとして出発したが、第二次世界大戦後は作曲と教育活動に専念。欧米諸国に招かれて教鞭(きょうべん)をとり、国内外の賞を多数贈られるなど、現代作曲界で高く評価されている。弦楽合奏曲『葬送音楽』(1958)のころから斬新(ざんしん)な手法を取り入れ、管弦楽曲『ベネチアの遊び』(1961)、声楽と管弦楽のための『アンリ・ミショーによる三つの詩』(1963)では偶然性を導入。チェロ協奏曲(1970)など多様な作品があるが、鋭い音感覚と論理的構成に一貫した特徴がある。[益山典子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ルトスワフスキの関連キーワードルトスワフスキ:ピアノ協奏曲/piano and orchestra(concerto)トーマス ヘンゲルブロックダニエル バレンボイム2CELLOS

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android