ルミノール(英語表記)luminol

百科事典マイペディアの解説

ルミノール

化学式はC8H7N3O2。3−アミノフタル酸ヒドラジドの別名。白色の結晶。融点319〜320℃。水に不溶。アルカリ性溶液に可溶で,過酸化水素,オゾンなどで酸化すると紫青色に発光する。過酸化水素の定量試薬,血痕(けっこん)の検出試薬(ヘモグロビンが発光反応の触媒となる)として用いられる。(図)→ルミノール試験

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ルミノール【luminol】

化学ルミネセンスを示す有機化合物。化学式 C8H7N3O2 白色の固体。そのアルカリ性水溶液を過酸化水素などで酸化すると、青白く弱い蛍光を発する。鉄・銅などが存在すると、これが触媒となり、より強く発光する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルミノール
るみのーる
luminol

窒素複素環式化合物の一つで、血痕(けっこん)の鑑識に使われるので有名な化合物。3‐アミノフタル酸ヒドラジドともいう。
 3‐ニトロフタル酸ヒドラジドを硫化水素と硫化アンモニウムにより還元すると得られる。白色の固体で、水、エタノール(エチルアルコール)、エーテルのいずれにも溶けにくい。血痕の検出に使われるほか、過酸化水素およびシアン化物イオンの分析用試薬としても用いられる。これらの検出反応は、いずれもルミノールのアルカリ溶液を過酸化水素や次亜塩素酸塩で酸化すると、肉眼で鮮明に見える紫青色の発光現象がみられることを応用したものである。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ルミノール

〘名〙 (luminol) 白色の固体。化学式は C8H7N3O2 アルカリ性で過酸化水素などの酸化剤があると紫青色に発光する。過酸化水素、シアンイオンの定量、血痕の検出に用いられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android