コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーレオ

3件 の用語解説(ルーレオの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ルーレオ

スウェーデン北部の都市。ボスニア湾北端,ルーレ川河口の港市で,キルナイェリバレ産出の鉄鉱やラップランドからの木材などを積み出す。製鉄,製紙も行われる。北緯65°35′にあり,冬季は結氷する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ルーレオ【Luleå】

スウェーデン北部,ボスニア湾頭西部のルーレ川河口にある工業・港湾都市ノルボッテン県の県都。人口約6万8000(1990)。港は冬季に結氷するが,結氷期以外はキルナ,イェリバレ,マルムベルイェトからの鉄鉱石,ラップランドからの木材,タールトナカイ皮を積み出す。工業では鉄の精錬と製紙が重要である。【浅井 辰郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルーレオ
るーれお
Lule

スウェーデン北部、ノールランド地方の港湾都市。人口7万1952(2001)。ボスニア湾の奥、ルーレ川の河口に位置する。北部地方に産する鉄鉱石の大部分は夏季に当地の港から積み出される。製鉄、自動車工業機械工業がある。中世より現在の旧市街(ガンメルスタード)の地に漁港として存在したが、1648年土地隆起に伴い河口に移転を余儀なくされた。現在も1年に1センチメートルの隆起をみる。北部地方の文化中心地として学校、図書館が完備しており、博物館はラップ民俗の収蔵品で知られる。[中島香子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルーレオの関連キーワードスウェーデン語スウェーデン体操スウェーデンボリスウェーデンリレーナルビクボスニア湾ボスニアスウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルーレオの関連情報