コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・ノートル André Le Nostre

世界大百科事典 第2版の解説

ル・ノートル【André Le Nostre】

1613‐1700
ルイ14世時代のフランスの造園家。Le Nôtreとも書く。ル・ノートル家は代々王室の庭師で,アンドレは絵画から建築まで含めた広い観点に立った総合芸術の立場から造園を行った。とりわけニスロンJ.F.NiceronやデザルグG.Desarguesの透視図法理論に影響され,独自の幾何学的庭園を考え出した点で名高い。フランスにおける最初のバロック建築とみなされるボー・ル・ビコントVaux‐le‐Vicomteの城館(1656‐61)は,ル・ボーによる建物とともに,ル・ノートルの庭園が配せられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のル・ノートルの言及

【庭園】より


[フランス式庭園の成立]
 イタリアの庭園はヨーロッパ各国に大きな刺激を与え,そのボキャブラリーがアルプスの北方へと輸出されたが,やがてそのなかからフランスに新しい様式への動きがあらわれ始める。まず宮廷造園家の家系に生まれたモレClaude Mollet(1563ころ‐1650ころ)が,16世紀後半に刺繡(ししゆう)文様を生垣に写しとったような刺繡花壇を開発し,さらに17世紀にいたってA.ル・ノートルが,イタリアと違って主として平地に営まれた幾何学的構成をもつ庭園に強い軸線を導入して,ブルボン朝の栄華にふさわしい壮大な様式を完成させた。これが〈フランス式(整形)庭園〉と一般に呼ばれるもので,彼はボスケbosquet(叢林)で庭園の主部を限りとり,そこに刺繡花壇,大噴泉などを整然と配して無限へと延びる見通し線を造りだした。…

※「ル・ノートル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ル・ノートルの関連キーワードベルサイユ宮殿ベルサイユ庭園ボールビコント城カルロス[2世]キャラコ禁止法カンタータインド史浮世草子農書(農業に関する書物)アルジェリアの要覧

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ル・ノートルの関連情報