コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レ(黎)朝 レちょう

1件 の用語解説(レ(黎)朝の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

レ(黎)朝【レちょう】

ベトナムの王朝。前後があり,一般にはレ朝とは後レ朝をさす。前レ朝はレ・ホアン(黎桓(れいかん))が開いたが短期間(980年―1009年)で滅びた。後レ朝は,明の支配を打ち破ったレ・ロイ(黎利)が1428年開き,都をハノイ(東京)に,国号をダイベト(大越)とした。
→関連項目ザロンダイベト(大越)ハノイベトナム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

レ(黎)朝の関連キーワード阮朝交趾フエベトコンベトナム語黎朝西山朝越僑西沙諸島日本ベトナム間賠償借款協定

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone