レザー

百科事典マイペディア「レザー」の解説

レザー

英語のleatherは皮革なめし革だが,日本ではふつう人造の革類似品(レザー・クロースleather cloth)をさす。擬革,イミテーション・レザーとも。布や紙にパイロキシリン・ラッカー(窒素含有量15%程度のニトロセルロースを溶剤に溶かし,可塑剤などを添加したもの),塩化ビニル樹脂などを塗布し表面に皮革様の模様をつけたパイロキシリン・レザー,ビニルレザーなどがある。いす張り,書籍の表紙,ブックカバー,日用雑貨などに使用。→合成皮革

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「レザー」の解説

レザー
leather

本来はなめし皮の意であるが,日本では加工織物 (leather cloth) の意味で用いられ,特に模造皮革をさす。織布に軟質塩化ビニル樹脂,ポリウレタンなどのプラスチック層を被覆し,染色エンボス加工などを施したもので,一般に物理的性質 (弾性率透湿性など) にやや難点がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「レザー」の解説

レザー

〘名〙 (leather)
① なめし革。〔舶来語便覧(1912)〕
② レザークロス、また一般に、合成皮革をいう。〔外来語辞典(1914)〕
※愛の渇き(1950)〈三島由紀夫〉二「死体を運び入れる剥げたレザーの寝台」

レザー

〘名〙 (razor)⸨レーザー⸩ 西洋かみそり。
※風俗画報‐二三九号(1901)理髪所「剪刀(レーザー)、剃刀(シッゾーズ)、手拭(タオル)は抽斗に蔵められ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「レザー」の解説

レザー【leather】

戦前から,皮革の代替品として織編布にニトロセルロースなどを塗布したものを,擬革,またはイミテーションレザーimitation leatherと呼び,略してレザーもしくはレザークロスと呼んでいたが,現在このような製品は市場に見当たらない。ポリ塩化ビニル樹脂塗料を塗布,またはこの樹脂膜をはり合わせた塩ビレザーまたはビニルレザーと呼ばれるものがあるが,これを単にレザーと呼ぶことは少なく,レザーといえばむしろ本来の意味の革をいうことが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android