ロジン(英語表記)rosin

翻訳|rosin

百科事典マイペディアの解説

ロジン

松脂(まつやに)の主成分。アビエチン酸C2(/0)H3(/0)O2などの樹脂酸を主成分とする樹脂の総称。松脂を水蒸気蒸留してテレビン油を除く(ガムロジン)か,またはマツ材,マツの切株から溶剤抽出する(ウッドロジン)か,マツ材からクラフト法でパルプをつくるときの副産物(トールロジン)として得られる。淡黄〜褐色透明なもろい固体。100〜135℃で融解,有機溶剤に可溶。樹脂酸の用途は製紙用サイズ,ワニス,印刷インキ,絆創膏(ばんそうこう)などの基剤,ゴム軟化剤など。
→関連項目工業用セッケン(石鹸)サイズ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロジン【rosin】

コロホニウムcolophonium,コロホニーcolophonyともいう。マツ属樹木の根,木部,やにから得られる無色ないし茶褐色の樹脂。松やにと呼ばれるものにはロジンをさすものが多い。とり方により次の三つがある。(1)やにに水蒸気をかけてテレビン油を除き,あとに残ったもの(ガムロジン),(2)根を細かく砕き,溶剤で抽出し,抽出物から水蒸気でテレビン油を除いたもの(ウッドロジン),(3)マツを使って紙の原料であるパルプをクラフト法でつくるとき,副産物としてうるもの(トールロジン)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ロジン【rosin】

松やにを水蒸気蒸留し、テレビン油を除いて得られる淡黄色または褐色の透明な樹脂。ワニスの製造や印刷インク、殺虫剤製造などに用いる。コロホニウム。ロージン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロジン
ろじん
rosin

天然樹脂の一種で、松脂(まつやに)とよばれるものにはロジンが多い。マツの樹皮からとったバルサム(生(なま)松脂のテレビン油。テレピン油ともいう)を水蒸気蒸留してまず15~20%のテレビン油を除き、残りの水分を蒸発させ、溶融して得られた樹脂である。主成分はC20H30O2のアビエチン酸類やピマル酸類などの混合物である。もろく耐熱性はよくないが安価のため、ワニス、接着剤、ベルトの滑り止め、洗濯せっけんの配合剤、紙のサイジング剤その他に広く使われている。[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロジンの関連情報