コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローマ法の精神(読み)ローマほうのせいしん

百科事典マイペディアの解説

ローマ法の精神【ローマほうのせいしん】

イェーリング主著。3巻。1852年―1865年刊。〈ローマ法を通じてローマ法の上に〉の目標をかかげ,ローマの各時代の法の歴史的発展を詳細に分析・再構成しようとしたもの。外面的な歴史事実にとどまらず,歴史の内部的要因と精神文化との関連性を考究し,法史研究の古典とされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ローマほうのせいしん【ローマ法の精神 Geist des römischen Rechts】

ドイツの法学者R.vonイェーリングの古代ローマ法に関する名著。全題は《Geist des römischen Rechts auf den verschiedenen Stufen seiner Entwicklung》。1852‐65年刊。全4巻からなるが,彼の思想の変化を反映して統一性を欠く。まず第1巻および第2巻第1分冊には,サビニーの歴史法学の方法がみごとに応用されている。すなわち,従来のローマ法研究が法規範や法理論の整理にとどまっていたのに対し,ここでイェーリングは,法現象をローマ人の生活上の基本原理(〈精神〉)――自由,軍事,家族制度,宗教等――との関連で体系的に解明している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローマ法の精神
ろーまほうのせいしん
Geist des rmischen Rechts auf den verschiedenen Stufen seiner Entwicklung, 3Tle., 1852‐65

19世紀ドイツの法学者イェーリングの代表的大著。正確な書名『ローマ法の多様な発展段階におけるその精神』からも知れるように、イェーリングは法を民族精神の表れとみる歴史法学者として、ローマ国家に生まれたローマ法はヨーロッパ世界を統一し、ローマ滅亡後も各地に継受されて、普遍的な文化をつくっていった、この進化過程を、法史的ではなくむしろ法哲学的に説く。この概念法学に行き詰まり、本書は未完に終わった。[小林孝輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のローマ法の精神の言及

【イェーリング】より

…彼には当初(1842年の学位論文以来),法学を学問的な体系に高めようという,当時サビニーやプフタらの歴史法学派にみられた法教義学Rechtsdogmatik的志向が強かった。1852年より刊行の名著《ローマ法の精神》は,古代ローマの法をローマ社会の基底をなす諸原理に結びつけ体系的に叙述したものである。これは,法を実生活と結びつけてとらえる法社会学的志向と,法を体系として構成しようという志向の共存を意味していた。…

※「ローマ法の精神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android