コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワクチン わくちん

10件 の用語解説(ワクチンの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ワクチン

コンピューターウイルスを除去するためのソフトウェア

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ワクチン

体に病気に対する免疫をつくらせるため、体内に入れる病原体やその一部。主に、生きた病原体を使う「生ワクチン」(BCGなど)と、エーテルなどで無毒化した「不活化ワクチン」(通常のインフルエンザなど)に分かれる。日本のインフルエンザワクチンは不活化ワクチンだが、米国では生ワクチンも使う。

(2009-05-03 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ワクチン(vaccine)

《牝牛の意のラテン語に由来し、牛痘の意》生体に免疫をつくらせて感染症を予防するために用いられる抗原。病原体あるいは細菌毒素の毒性を弱めるか失わせるかし、抗原性だけ残したもの。不活化または死菌ワクチン生ワクチントキソイドなどがある。ジェンナー痘瘡(とうそう)の予防に牛痘を用いたことに始まる。
ワクチンプログラム」「ワクチンソフト」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ワクチン

生物学的製剤の一種。ある種の伝染性疾患に対する免疫をつくるために接種(予防接種)する抗原病原微生物に一定の処理を加えて製する。生ワクチンと死ワクチンに大別。生ワクチンは弱毒化した生きた微生物で,痘苗(とうびょう),BCG,経口生ポリオワクチンなどがあり,凍結または凍結乾燥により保存される。
→関連項目ウェラーエンダーズ肝炎ワクチン自家ワクチン療法人工ワクチンDNAワクチン伝染病伝染病研究所ポリオ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ワクチン

 感染症を予防する目的で病原体を弱毒化したものや,病原体と近縁の微生物を使って免疫活性を高める目的で作られるもの.接種して抗体産生を誘導する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ワクチン【vaccine】

ウイルス対策ソフト。⇒ウイルス対策ソフト

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ワクチン【vaccine】

病原性をもつ細菌,ウイルスなどを適当な方法で殺したもの,あるいは病原性をなくした生菌,生ウイルスなどで,ヒトその他の動物の感染性疾患の予防接種に用いられるものをいう。 ジフテリア破傷風などの細菌は毒素を分泌し,この毒素が種々の臓器に障害を与えるが,これらの毒素を精製し,ホルマリンで処置すると毒素タンパク質は変性して無毒化する。このときホルマリンの濃度,作用時間などを調節すると,毒素が毒作用を発揮する部分を主として変性させ,その他の部分の抗原性にはあまり影響を与えないようにすることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ワクチン【Vakzin】

感染症の予防のため各種伝染性疾患の病原菌から製した抗原の総称。弱毒化した病原体を含む生ワクチン、殺した病原体を含む不活化ワクチン(死菌ワクチン)、病原体の毒性をなくしたトキソイドがある。予防接種剤。
vaccine) コンピューター-ウイルスの活動を検出して、システムの改変を未然に防止するプログラム。また、コンピューター-ウイルスを検出したり、被害を防止、または修復するプログラムの総称。アンチ-ウイルス-ソフト。ウイルス-チェッカー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワクチン
ワクチン
vaccine

ヒトや動物を自動的に免疫するために用いられる抗原をいう。強い病後免疫を与える感染症の多くに対して,ワクチンによる予防が実用化されている。病原体を熱や薬品で殺してつくる不活化ワクチン (百日咳,腸チフス日本脳炎,ポリオ・ソークワクチンなど) ,発病力を弱めた生ワクチン (痘苗,BCG,ポリオ・セービンワクチンなど) ,無毒化した細菌性毒素 (ジフテリアトキソイド破傷風トキソイドなど) に大別できる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワクチン
わくちん
vaccine

感染症の予防のため人または動物に注射または経口投与することにより、生体に免疫をつくらせる免疫原をいう。すなわち、感染症の予防接種に用いられる生物学的製剤で、感染症の原因となる微生物そのものの死菌または弱毒菌株、あるいは病原微生物の産生する毒素をホルマリンで処理して無毒化し、免疫原性だけをもつトキソイドとして用いる。能動免疫自動免疫)が得られ、生体に抗体を生じさせるのに日数を要するが、できた抗体は比較的長く生体内に保持される。これに反し、受動免疫(他動免疫)の例である免疫血清はそれ自体が抗体であり、感染症の治療にすぐ役だつが、免疫の持続は比較的短い。したがって、感染症の予防には、流行あるいは感染の危険がある場合にワクチンをまえもって投与する必要がある。しかし、緊急に発病を防ぎ、かつ長期間の免疫を与える必要のあるとき、たとえば破傷風や狂犬病の場合には免疫血清とワクチンを併用し、別々の場所に注射することもある。なお、発現する免疫抗体の持続時間には長短があり、市販のワクチンやトキソイドは生物学的製剤基準によって規制され、有効期間が法的に規定されている。
 現在、日本の予防接種法による定期接種としては、沈降精製百日せきジフテリア破傷風混合ワクチン(改良DPT三混ワクチン)、ポリオ生(なま)ワクチン、麻疹(ましん)生ワクチン、風疹生ワクチン、BCGワクチンが用いられ、予防接種法による一般的な臨時接種としては、インフルエンザHAワクチン、日本脳炎ワクチン、ワイル病秋やみ混合ワクチン、また、任意接種としてはおたふくかぜ生ワクチン、海外渡航時の予防接種としてはコレラワクチン、黄熱生ワクチン、組織培養不活化狂犬病ワクチンの接種が行われている。このほか、任意接種としてB型肝炎の感染予防のため、医師、歯科医師、看護師、検査技師など、患者および患者よりの検査材料を直接取り扱う医療従事者などハイリスク者、および母子垂直感染防止用として沈降B型肝炎ワクチンの接種が行われており、最近では水痘ワクチンが実用化され、単純ヘルペスワクチンは開発中である。なお、エイズ(AIDS)についてもワクチンの開発が急がれている。
 次に、生物学的製剤基準収載のワクチンとトキソイドを列挙する。
(1)死菌または不活化ワクチン インフルエンザワクチン、インフルエンザHAワクチン、不活化狂犬病ワクチン、乾燥組織培養不活化狂犬病ワクチン、コレラワクチン、腸チフスパラチフス混合ワクチン、日本脳炎ワクチン、乾燥日本脳炎ワクチン、沈降B型肝炎ワクチン、百日せきワクチン、沈降精製百日せきワクチン、発疹チフスワクチン、ワイル病秋やみ混合ワクチン。
(2)弱毒株を用いた生ワクチン 乾燥弱毒生おたふくかぜワクチン、痘瘡(とうそう)ワクチン(痘苗(とうびょう))、乾燥痘瘡ワクチン(乾燥痘苗)、細胞培養痘瘡ワクチン、乾燥細胞培養痘瘡ワクチン、乾燥BCGワクチン、乾燥弱毒生風疹ワクチン、経口生ポリオワクチン、乾燥弱毒生麻疹ワクチン、乾燥弱毒生水痘ワクチン。
(3)トキソイド ジフテリアトキソイド、沈降ジフテリアトキソイド、成人用沈降ジフテリアトキソイド、ジフテリア破傷風混合トキソイド、沈降ジフテリア破傷風混合トキソイド、破傷風トキソイド、沈降破傷風トキソイド、沈降ハブトキソイド、百日せきジフテリア混合ワクチン、百日せきジフテリア破傷風混合ワクチン、沈降精製百日せきジフテリア破傷風混合ワクチン。
 現在、痘瘡(天然痘)は絶滅したので種痘の必要はなくなった。また、ワイル病秋やみ混合ワクチンもほとんど必要を認めていない。以下個々のワクチンについて簡単に述べる。[幸保文治]

改良DPT三混ワクチン

ジフテリアトキソイド、改良百日せきワクチン、破傷風トキソイドを混合したもので、従来の百日せきの死菌ワクチンの成分のうち、赤血球凝集素が主要な防御抗原であることがわかり、これを主成分とした改良ワクチンが開発され、副作用が大幅に減少している。[幸保文治]

経口生ポリオワクチン

この投与によってポリオ患者の発生は激減した。ポリオウイルスは血清型から型に分けられるが、ワクチン服用者における麻痺(まひ)例はきわめて少ないが、麻痺症例から分離されたウイルスは型が圧倒的に多い。[幸保文治]

麻疹生ワクチン

高度弱毒株が用いられ、免疫効果もよく、副作用としては軽度ではあるが高熱をみるほか、100万人に1、2人程度で麻疹脳炎、亜急性硬化全脳炎がみられる。日本では1976年(昭和51)より定期接種に採用されている。[幸保文治]

風疹生ワクチン

日本では5種のワクチンが市販されており、副作用が少なく免疫効果は良好である。このワクチンの普及によって先天性風疹症候群は完全に予防できるようになった。ワクチンウイルスによる催奇形性についてははっきりわかっていないが、妊娠中でのワクチン接種を避け、接種後は約2か月間避妊することが望まれている。[幸保文治]

BCGワクチン

1955年にグルタミン酸ナトリウムを分散媒とする耐熱性乾燥BCGワクチンとなった。BCGの接種は結核の発病阻止に有効であり、副作用としては接種局所の潰瘍(かいよう)、腫瘍(しゅよう)、所属リンパ節の化膿(かのう)性炎、持続性播種(はしゅ)性BCG感染などがあり、使われるBCG株によって大差がみられる。日本株は副作用が少ない。[幸保文治]

インフルエンザワクチン

従来はインフルエンザウイルス粒子そのものをホルマリンで不活化したものが用いられたが、現在はウイルス粒子の外被の赤血球凝集素(HA)などを精製したものが使用され、発熱などの副作用が非常に少なくなった。しかし、インフルエンザの流行株とワクチンウイルスの抗原が一致したときは予防効果が高くなるが、年によって流行株が異なるため、その効果も大きく変動する。インフルエンザワクチンの問題点としては、(1)流行株の抗原が絶えず変動すること、(2)不活化ワクチンでは呼吸気道に局所免疫ができないことがあげられている。そこで、これらの欠点を改良するため、インフルエンザの弱毒生ワクチンの研究開発が進められている。[幸保文治]

日本脳炎ワクチン

マウスの脳で増殖させた日本脳炎ウイルスを精製し、ホルマリンで不活化したものが用いられる。最初は精製度がよくなかったが、現在ではきわめて高くなり、日本では患者数が激減した。[幸保文治]

おたふくかぜワクチン

ムンプスワクチンともいい、麻疹ワクチンおよび風疹ワクチンと混合したMMR3種混合ワクチンが開発されている。[幸保文治]

コレラワクチン

コレラ流行地への渡航のときだけ緊急に臨時接種が行われる。予防効果は第1回注射後約1週間から出現し、約3~4か月持続して以後は消失する。[幸保文治]

狂犬病ワクチン

従来のワクチンは脳物質を多く含み、これに対する抗体が産生されていわゆる脱髄現象をおこし、唇のしびれや手足の知覚麻痺などの運動障害、重篤な場合は死に至るといった事故の発現がみられたが、現在では脳物質の混入のおそれのない組織培養ワクチンが開発され、このワクチンが使用されているので脱髄現象の心配はない。[幸保文治]

B型肝炎ワクチン

このワクチンは、感染予防に重要な役割を果たしているウイルス粒子を取り巻く被膜(HBs抗原)を取り出して精製し、不活化したものであり、その効果は実証されている。また、HBs抗原に相当するDNAを取り出してプラスミドに組み込ませ、細菌、酵母、種痘ウイルスなどに導入してHBs抗原を産生させる、いわゆるDNA組換え技術による大量生産が可能となり、活性HBウイルスや外来因子の混入のおそれのない安全性の高いワクチンが得られる。また、酵母を利用したB型肝炎ワクチンも検討されている。[幸保文治]

水痘ワクチン

1970年(昭和45)水痘ウイルス岡(おか)株が分離され、これを用いてワクチンの開発が行われて1987年に市販された。水痘ワクチンは、この岡株をヒト胎児細胞、モルモット胎児細胞、ヒト二倍体細胞で継代培養し、弱毒したものが使われている。この水痘生ワクチンは、日本が世界に先駆けて開発したものである。家族内あるいは病棟内に水痘患者が発生した場合、2、3日以内にこのワクチンを接種すればほとんどの場合に発症を阻止できることが証明されている。[幸保文治]

開発の現状

現在開発中のワクチンの製造には遺伝子工学的手段が広く用いられ、その有効性が確かめられてきている。すなわち、遺伝子工学の手段を用いて大腸菌プラスミドにDNAを組み込ませてウイルス糖タンパクをつくらせる方法、種痘ウイルスのチミジンキナーゼの部分にDNAを組み込ませて種痘ウイルスをつくり、そのままワクチンとして用いる方法などが研究されており、単純ヘルペスワクチン、B型肝炎ワクチン、成人T細胞白血病ワクチン、インフルエンザワクチンなどがその対象となっている。とくに種痘ウイルス(ワクシニアウイルス)の遺伝子中に病原ウイルスの感染予防に使える遺伝子を組み込んで、組込みワクシニアウイルス(RVV)をつくり、これを生ワクチンとして利用することが研究の課題となっている。弱毒性で病原性のきわめて弱い株を用いることが安全性につながるわけで、前述のもの以外にも、狂犬病ウイルス、水疱(すいほう)性口内炎ウイルス、エイズウイルスなどが対象とされ、また、マラリア原虫のスポロゾイト抗原遺伝子を組み込んだRVVが作製されている。[幸保文治]
『国立予防衛生研究所学友会編『ワクチンハンドブック』(1994・丸善) ▽高橋理明・神谷斉編『ワクチン最前線3――予防接種法の改正から将来のワクチンへ』(1999・医薬ジャーナル社) ▽渡辺博著『わかりやすい予防接種』(2000・診断と治療社) ▽牛島広治・渡辺博著『予防接種ノート』(2003・診断と治療社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のワクチンの言及

【免疫療法】より


[特異的免疫療法]
 これには能動免疫療法と受動免疫療法の二つがある。(1)能動免疫療法は目的とする病原体の感染に対して特異的に抵抗力をつけさせようとするもので,病原体をワクチンとして投与して免疫を獲得させるものであり,三種混合ワクチン(百日咳,破傷風,ジフテリア),ポリオ,日本脳炎,インフルエンザ,風疹,BCGなどのワクチンが代表的である。一方,目的とする抗原(アレルゲン)に対する免疫反応が人体にとって不利益な反応(アレルギー)をもたらす場合には,このような免疫反応の減弱を目標として少量のアレルゲンを徐々に増量していく治療法が行われている。…

※「ワクチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワクチンの関連キーワードえっさえっさっさえへんねえほほよいさよいやよいやさよいよいようよう

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワクチンの関連情報