コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七ツ島 ななツじま

3件 の用語解説(七ツ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七ツ島
ななツじま

石川県能登半島北岸の輪島港の北方約 20km沖合いにある無人島輪島市に属する。約 5km四方に点在する 7個の小島と若干の岩礁で,新第三紀層の上に噴出した安山岩で形成される。大島(周囲 1.7km,最高点 61.7m)が最大。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

七ツ島

石川県輪島市北方約20kmの日本海上に位置する島嶼群。大島、狩又島、竜島、御厨(みくりや)島、赤島、烏帽子島、荒三子(あらみこ)島の7島からなる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七ツ島
ななつじま

石川県北部、日本海上にある島。輪島(わじま)市に属する。能登(のと)半島の輪島市街北方約20キロメートル、荒三子(あらみこ)島、赤島、御厨(みくりや)島、烏帽子(えぼし)島の一群と、大島、狩又(かりまた)島、竜(たつ)島の一群からなる。輝石安山岩の高峻(こうしゅん)な岩島で、最大の大島が0.032平方キロメートル、標高61.7メートル。能登半島国定公園域で野鳥の天国。無人島であるが、6月から10月は舳倉島(へぐらじま)の漁民が漁労のため大島などに居住する。[矢ヶ崎孝雄]
『『舳倉島・七ツ島』(1961・北国新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七ツ島の関連キーワード能登島珠洲輪島曽々木海岸見附島巌門能登空港奥能登輪島港能登麦屋節

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

七ツ島の関連情報