コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七ツ島 ななツじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七ツ島
ななツじま

石川県能登半島北岸の輪島港の北方約 20km沖合いにある無人島輪島市に属する。約 5km四方に点在する 7個の小島と若干の岩礁で,新第三紀層の上に噴出した安山岩で形成される。大島(周囲 1.7km,最高点 61.7m)が最大。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

七ツ島

石川県輪島市北方約20kmの日本海上に位置する島嶼群。大島、狩又島、竜島、御厨(みくりや)島、赤島烏帽子島、荒三子(あらみこ)島の7島からなる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七ツ島
ななつじま

石川県北部、日本海上にある島。輪島(わじま)市に属する。能登(のと)半島の輪島市街北方約20キロメートル、荒三子(あらみこ)島、赤島、御厨(みくりや)島、烏帽子(えぼし)島の一群と、大島、狩又(かりまた)島、竜(たつ)島の一群からなる。輝石安山岩の高峻(こうしゅん)な岩島で、最大の大島が0.032平方キロメートル、標高61.7メートル。能登半島国定公園域で野鳥の天国。無人島であるが、6月から10月は舳倉島(へぐらじま)の漁民が漁労のため大島などに居住する。[矢ヶ崎孝雄]
『『舳倉島・七ツ島』(1961・北国新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

七ツ島の関連キーワード輪島の海女採りサザエ伊万里(市)石川県輪島市石川(県)輪島(市)伊万里湾フジヤマ又兵衛

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七ツ島の関連情報