コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万成石 まんなりいし

4件 の用語解説(万成石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万成石
まんなりいし

岡山市万成を模式地として産出する花崗岩の石材名で,万成御影 (みかげ) ともいわれる。半自形の紅色カリ長石を特徴とし,白色の斜長石,石英,黒雲母と少量の角閃石を含む。安価なため,本御影の代用品として使用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

万成石【まんなりいし】

岡山市万成産の白亜紀花コウ岩の石材名。カリ長石が淡紅色で岩石全体が赤みがかり,日本の花コウ岩では珍しいが,外国の先カンブリア楯(たて)状地の花コウ岩には珍しくない。
→関連項目花コウ(崗)岩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まんなりいし【万成石】

岡山市万成に産する花コウ岩の石材名。中粒で黒雲母はあまり目だたない。淡紅色の長石を含むいわゆる桜御影(さくらみかげ)としては最も著名であり,朝鮮万成,中国万成という呼び方が行われるように,万成という名は桜御影の異名となっている。本御影に最も近い石で,明治神宮外苑絵画館の建築用材として用いられ有名になったが,産額は少なく,大きな原石を採ることは難しい。近年では,建築用よりも造園,記念碑用などに向けられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

万成石
まんなりいし

岡山市北区万成、岩井地方で採石される花崗(かこう)岩の石材名。日本における桃色御影(みかげ)の代表的なもので、中国地方山陽側に広く分布している中生代白亜紀の花崗岩の一種である。中粒から粗粒の黒雲母(くろうんも)花崗岩で、無色透明の石英、淡紅色または淡肉紅色のカリ長石、白色の斜長石、黒雲母および少量の角閃(かくせん)石などからなる。石材としての外観は本(ほん)御影に似ているが、桃色または淡紅色を呈し美しいために、石碑や建築用の装飾用石材として全国的に利用されている。岡山市東区西大寺(さいだいじ)南方の西片岡に産する真儀(まぎ)御影もこの一種で、これらは明治神宮造営のときにともに用いられて有名になった。[斎藤靖二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

万成石の関連情報