コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舌先三寸 シタサキサンズン

デジタル大辞泉の解説

したさき‐さんずん【舌先三寸】

口先だけでうまく相手をあしらうこと。また、その言葉。舌三寸。「舌先三寸で金をだまし取る」
[補説]文化庁が発表した平成23年度「国語に関する世論調査」では、「本心でない上辺(うわべ)だけの巧みな言葉」を表現するとき、本来の言い方とされる「舌先三寸」を使う人が23.3パーセント、本来の言い方ではない「口先三寸」を使う人が56.7パーセントという逆転した結果が出ている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

したさきさんずん【舌先三寸】

口先だけの巧みな弁舌。舌三寸。 「 -で言いくるめる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

舌先三寸の関連キーワードパトラン先生口先弁舌三寸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舌先三寸の関連情報