三水(読み)さみず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三水
さみず

長野県北部,飯綱町北・東部を占める旧村域。新潟県との境の斑尾山の南斜面,千曲川の支流鳥居川の左岸にある。 1889年村制。 2005年牟礼村と合体して飯綱町となった。地名の由来は3本の用水路が流れていることによる。川岸の段丘面では,米作のほかリンゴの栽培や乳牛飼育が行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

三水【さんすい】

朝鮮民主主義人民共和国,両江道蓋馬(かいま)高原北部の町。鴨緑江の支流に沿う。昔は流刑地であったが,解放後開発され,後背地の原始林からの木材,ダイズ,大麦,ホップなど高原農業が発達している。
→関連項目両江道

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

さんずい【三水】

漢字の偏の一。「池」「波」などの「氵」の部分。さんずいへん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三水の関連情報