コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三菱重工業[株] みつびしじゅうこうぎょう

百科事典マイペディアの解説

三菱重工業[株]【みつびしじゅうこうぎょう】

日本を代表する総合重機会社。造船,航空,宇宙,原子力,原動機,防衛,環境など幅広い分野でリーダー的存在。1917年長崎造船所を基礎とする三菱合資造船部が三菱造船として独立。
→関連項目新キャタピラー三菱[株]パトリオットビッグ・ビジネス兵器工業

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みつびしじゅうこうぎょう【三菱重工業[株]】

船舶,航空機,機械などを製造する日本最大の重機械メーカーで,三菱グループ中核でもある。三菱重工業(株)の始まりは,1870年(明治3)に大阪で設立された九十九(つくも)商会である。75年に郵便汽船三菱会社(九十九商会が改称)が横浜に三菱製鉄所を建設,船舶建造・修理を始めた。84年官営長崎造船局を借用の形で事業を継承して長崎造船所とし,87年には正式に払下げを受けた。1907年三菱合資会社に造船部がつくられ造船業務を統轄したが,17年独立して三菱造船(株)となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の三菱重工業[株]の言及

【合併】より

…第2次大戦後の合併のなかで大きな関心を集めたのは,1965‐70年前後の大型合併である。1964年の三菱三重工の合併(三菱重工業が発足),大阪商船と三井船舶の合併(対等合併で大阪商船三井船舶が発足),65年の神戸製鋼所と尼崎製鉄の合併(神戸製鋼所が存続),66年の東洋紡績と呉羽紡績の合併(東洋紡績が存続),67年の日産自動車とプリンス自動車の合併(日産自動車が存続),70年の八幡製鉄と富士製鉄の合併(対等合併で新日本製鉄が発足)などである。とくに八幡,富士の二大製鉄所の合併は,1968年4月の両社の合併の決意表明以降,実業界や通産省の賛成論と経済学者の反対論が激しく対立し,活発な議論が行われた。…

【三菱自動車工業[株]】より

…大手自動車メーカーの一つ。1970年三菱重工業(株)の自動車部門を分離して設立された。会社としては新しいが,自動車生産の歴史は1917年の三菱造船(株)(三菱重工業(株)の前身)による乗用車三菱A型の生産にまでさかのぼる。…

※「三菱重工業[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三菱重工業[株]の関連キーワード三菱財閥

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android