コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三遊亭円歌(3世) さんゆうていえんか[さんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三遊亭円歌(3世)
さんゆうていえんか[さんせい]

[生]1932.1.10. 東京
落語家。本名中沢円法。岩倉鉄道学校卒業。1945年 2世三遊亭円歌に入門,前座名は三遊亭歌治。1948年二つ目に昇進,2世三遊亭歌奴と改名。1953年自作の新作落語『授業中』を口演。小学生の国語の授業風景を描いた作品で,多くの聴衆の共通体験をくすぐり,ラジオなどで徐々に名を上げた。同時期に 1世林家三平とともに人気が爆発し,1957年にはともに二つ目のまま寄席でトリを務めた。翌 1958年真打ちに昇進。テレビの時代になっても,『授業中』や鉄道学校時代の漫談などで人気を博した。その後も『授業中』の生徒たちが大人になったらという設定の『月給日』,『浪曲社長』(永滝五郎作)などを口演。1970年 3世三遊亭円歌を襲名。1970年代後半頃からは同居する両親など老人の生態を描いた『中沢家の人々』を演じ,寄席の爆笑王として活躍。古典落語では地噺(じばなし)の『西行』などを得意とする。1985年日蓮宗本法寺で得度。1996年落語協会会長就任。2006年会長を退き最高顧問に就任。(→落語

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

三遊亭円歌(3世)の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎成瀬巳喜男山中貞雄五所平之助マキノ雅広稲垣浩小津安二郎キューカー満州国

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android