コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三遊亭円歌(3世) さんゆうていえんかさんせい

1件 の用語解説(三遊亭円歌(3世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三遊亭円歌(3世)
さんゆうていえんかさんせい

[生]1932.1.10. 東京
落語家。本名中沢円法。岩倉鉄道学校卒業。1945年 2世三遊亭円歌に入門,前座名は三遊亭歌治。1948年二つ目に昇進,2世三遊亭歌奴と改名。1953年自作の新作落語『授業中』を口演。小学生の国語の授業風景を描いた作品で,多くの聴衆の共通体験をくすぐり,ラジオなどで徐々に名を上げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

三遊亭円歌(3世)の関連キーワード満州国犬養毅内閣斎藤実内閣詩と詩論イブンサウードアメリカ合衆国オリンピック斎藤実内閣団琢磨栃内曾次郎

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone