コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不動堂遺跡 ふどうどういせき

4件 の用語解説(不動堂遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不動堂遺跡
ふどうどういせき

富山県下新川郡朝日町にある縄文時代中期の集落址。扇状地の末端に位置する。住居址と土坑が多数発見されているが,特に巨大な竪穴住居址の発見が重要。底面は長軸 17m,短軸 8mで陸上競技場トラックに似た形で,長軸線上には石組の炉が4ヵ所ある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふどうどういせき【不動堂遺跡】

富山県下新川郡朝日町不動堂および横水にある縄文時代中期前葉の集落遺跡黒部川隆起扇状地末端の小川の左岸に位置する。1973年発掘調査が行われた。遺跡の規模は100m×100m程度であり,74年国指定史跡となり,82年には住居跡の復元を含む環境整備事業が完了した。注目すべきは第2号住居跡の規模で,長軸17m,短軸8mの楕円形の平面形をもち,長軸上に円形2,長方形2,計4個の石組炉を置き,内周に14本の主柱穴を配する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国指定史跡ガイドの解説

ふどうどういせき【不動堂遺跡】


富山県下新川郡朝日町不動堂にある縄文時代中期の集落跡。富山平野の東縁に位置し、土器・石器など多数の遺物とともに21棟の竪穴(たてあな)住居跡や土坑墓などの遺構が発掘された。とくに遺跡中央部の長径約17m、短径約8m、深さ20cmの東西に長い楕円形の竪穴遺構は国内最大級のものであることから、1974年(昭和49)に国の史跡に指定された。大型竪穴遺構は約130m2の広い面積をもち、4基の石囲み炉を備えるなど、通常の竪穴住居とは異なって、集落内で特別な機能をもった建物と推測される。現在、発掘された遺構のうち、典型的な竪穴住居3軒が復元されている。JR北陸本線泊駅から車で約15分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不動堂遺跡
ふどうどういせき

富山県下新川(しもにいかわ)郡朝日町不動堂、黒部(くろべ)川右岸の隆起扇状地末端にある縄文中期の遺跡。1973年(昭和48)の発掘調査で長径17メートル、短径8メートルの長円プランをもつ住居跡が発見された。総床面積は115平方メートル、日本最大の竪穴(たてあな)住居跡であった。長軸線上に円形と方形の石組炉が二基ずつ設けられ、直径、深さともに1メートルの柱穴が16個、整然と掘られている。この巨大遺構は、通常の住居ではなく、集落あるいは数集落の集会場と考えられ、縄文時代の社会構造を考えるうえで重要なものである。74年国史跡に指定され、巨大住居が復原されている。[小島俊彰]
『富山県教育委員会編『富山県朝日町不動堂遺跡第一次発掘調査概報』(1974・富山県)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不動堂遺跡の関連キーワード富山県下新川郡朝日町草野富山県下新川郡朝日町越富山県下新川郡朝日町境富山県下新川郡朝日町下野富山県下新川郡朝日町谷富山県下新川郡朝日町泊富山県下新川郡朝日町南保富山県下新川郡朝日町野新富山県下新川郡朝日町不動堂富山県下新川郡朝日町宮崎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone