不惑(読み)ふわく

故事成語を知る辞典「不惑」の解説

不惑

四〇歳の異称

[使用例] 彼は、年があけて数えで五十歳になる。不の年から十年もすぎていた[立原正秋*冬の旅|1969]

[由来] 「論語―為」に出て来る、「四十にして惑わず(四〇歳になると、自分の生き方に惑いを持つことがなくなった)」から。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「不惑」の解説

ふ‐わく【不惑】

〘名〙
① まどわないこと。心が乱れたり悩んだりしないこと。〔論語‐為政〕
② (「論語‐為政」の「四十而不惑」から転じて) 四〇歳の異称。
※続日本紀‐天平宝字元年(757)八月甲午「五八数、応宝寿之不惑

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android