不滅(読み)フメツ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐めつ【不滅】

[名・形動]ほろびないこと。永久になくならないこと。また、そのさま。「永遠不滅な(の)名著」「霊魂不滅

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

不滅

デンマークの作曲家カール・ニールセンの交響曲第4番(1915-16)。原題《Det Uudslukkelige》。『滅ぼしえぬもの』とも呼ばれる。ニールセンの代表作の一つとして知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ふめつ【不滅】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
滅びないこと。永久になくならないこと。また、そのさま。 「 -の名声」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不滅の関連情報