土寄(読み)つちよせ(英語表記)ridging

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土寄
つちよせ
ridging

培土ともいう。作間の土を取って,作物の根もとに寄せる作業。その目的は,土壌の理化学性改善のための畦立効果,麦類,とうもろこしなどの倒伏防止,野菜の軟化栽培じゃがいも里芋などの品質向上,除草効果,病虫害,災害の回避など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つち‐よせ【土寄】

〘名〙 作物の生育中、うね間を浅くすき返し、土を根元に寄せること。倒れることを防いだり、除草のために行なわれる。地下茎塊根を利用する作物、落花生のように地下で結実するもの、あるいはネギアスパラガスなどの栽培では重要な作業とされる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

土寄の関連情報