コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

串間[市] くしま

百科事典マイペディアの解説

串間[市]【くしま】

宮崎県南端の市。1954年市制。南は志布志湾に面し,大部分山地。中心市街は古くは櫛間と記し,豊臣秀吉の九州統一後,一時秋月氏の城下町であった。日南線が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くしま【串間[市]】

宮崎県最南端の市。1954年福島町と大束(おおつか),本城,市木,都井(とい)の4村が合体,市制。人口2万5243(1995)。東は日向灘,南は志布志湾に臨み,西は鹿児島県に接する。平地に乏しく,農耕地はわずか全面積の9%である。近世は高鍋藩の飛領地であった。主産業は農業水産業,観光で,農業のうちタバコ,養蚕は県内上位を占め,カンショの生産は第1位である。水産業は福島港を中心に行われ,水産加工は県内第1位である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

串間[市]の関連キーワード日南海岸国定公園都井岬幸島

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android