コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乗鞍火山帯 のりくらかざんたい

5件 の用語解説(乗鞍火山帯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乗鞍火山帯
のりくらかざんたい

本州の中央部を南北に走る火山帯。長野,岐阜,富山,新潟の県境にまたがる。飛騨山脈上に雲ノ平,焼岳 (2455m) ,乗鞍岳 (3026m) ,御岳山 (3063m) などの火山が噴出,噴出岩は輝石,複輝石,石英,黒雲母,角閃の各安山岩など多種。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

のりくら‐かざんたい〔‐クワザンタイ〕【乗鞍火山帯】

飛騨(ひだ)山脈に沿い、立山焼岳(やけだけ)乗鞍岳御嶽山(おんたけさん)などの連なる火山帯。御岳火山帯。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

乗鞍火山帯【のりくらかざんたい】

立山焼岳乗鞍岳御嶽山などの火山群からなる。北端は白馬岳(しろうまだけ)北東の大池,南端は御嶽山小規模な火山が多い。
→関連項目飛騨山脈

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

のりくらかざんたい【乗鞍火山帯】

岐阜県と長野県の県境、飛驒山脈に沿って走る火山帯。乗鞍岳を中心に北は立山から南は御岳に至る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乗鞍火山帯
のりくらかざんたい

北アルプス(飛騨(ひだ)山脈)上を、白馬(しろうま)大池、弥陀ヶ原(みだがはら)(立山(たてやま))、鷲羽(わしば)岳、焼岳(やけだけ)、乗鞍岳、御嶽(おんたけ)山、上野(うえの)山(岐阜)と、北―南に連なる第四紀の火山帯。御嶽火山帯ともいう。最近は、乗鞍火山帯の名称は地理的分布の意味でしか用いられない。東日本火山帯の一部。乗鞍岳、御嶽山は大規模な成層火山であるが、他の火山は噴出物が比較的少量で、かつ、基盤の地形が起伏に富み、あまり明瞭(めいりょう)な火山地形はみられない。溶岩は輝石、角閃(かくせん)石、黒雲母(くろうんも)を含む安山岩などが出現する。焼岳、御嶽山は近年も噴火した。[諏訪 彰・中田節也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の乗鞍火山帯の言及

【火山帯】より

…さらに富士,那須,乗鞍の諸火山帯は長野県付近に集まるが,互いに近づくにつれて岩石の性質もほとんど共通になり,輝石安山岩と角セン石安山岩の共存が特徴である。
[乗鞍火山帯]
 本州中部の飛驒山脈(北アルプス)上をほぼ南北に走る火山帯。御嶽火山帯ともいい,東日本火山帯の一部をなす。…

※「乗鞍火山帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

乗鞍火山帯の関連キーワード谷町筋鳥海火山帯那須火山帯白山火山帯松屋町筋堀川通りあみだ池筋上町筋なにわ筋四つ橋筋