コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乗鞍火山帯 のりくらかざんたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乗鞍火山帯
のりくらかざんたい

本州の中央部を南北に走る火山帯。長野,岐阜,富山,新潟の県境にまたがる。飛騨山脈上に雲ノ平,焼岳 (2455m) ,乗鞍岳 (3026m) ,御岳山 (3063m) などの火山が噴出噴出岩は輝石,複輝石,石英黒雲母,角閃の各安山岩など多種。温泉も多く中部山岳国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

乗鞍火山帯【のりくらかざんたい】

立山焼岳乗鞍岳御嶽山などの火山群からなる。北端は白馬岳(しろうまだけ)北東の大池,南端は御嶽山。小規模な火山が多い。
→関連項目飛騨山脈

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

のりくらかざんたい【乗鞍火山帯】

岐阜県と長野県の県境、飛驒山脈に沿って走る火山帯。乗鞍岳を中心に北は立山から南は御岳に至る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乗鞍火山帯
のりくらかざんたい

北アルプス(飛騨(ひだ)山脈)上を、白馬(しろうま)大池、弥陀ヶ原(みだがはら)(立山(たてやま))、鷲羽(わしば)岳、焼岳(やけだけ)、乗鞍岳、御嶽(おんたけ)山、上野(うえの)山(岐阜)と、北―南に連なる第四紀の火山帯。御嶽火山帯ともいう。最近は、乗鞍火山帯の名称は地理的分布の意味でしか用いられない。東日本火山帯の一部。乗鞍岳、御嶽山は大規模な成層火山であるが、他の火山は噴出物が比較的少量で、かつ、基盤の地形が起伏に富み、あまり明瞭(めいりょう)な火山地形はみられない。溶岩は輝石、角閃(かくせん)石、黒雲母(くろうんも)を含む安山岩などが出現する。焼岳、御嶽山は近年も噴火した。[諏訪 彰・中田節也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の乗鞍火山帯の言及

【火山帯】より

…さらに富士,那須,乗鞍の諸火山帯は長野県付近に集まるが,互いに近づくにつれて岩石の性質もほとんど共通になり,輝石安山岩と角セン石安山岩の共存が特徴である。
[乗鞍火山帯]
 本州中部の飛驒山脈(北アルプス)上をほぼ南北に走る火山帯。御嶽火山帯ともいい,東日本火山帯の一部をなす。…

※「乗鞍火山帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乗鞍火山帯の関連キーワード日本アルプス東日本火山帯飛驒山脈長野県岐阜県

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android