コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深入り フカイリ

デジタル大辞泉の解説

ふか‐いり【深入り】

[名](スル)度を越して深く関係すること。関心をもちすぎること。「そんな話に深入りするのは禁物だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふかいり【深入り】

( 名 ) スル
深く入りこむこと。また、度を超して深くかかわりあうこと。 「その件には-しないほうがいい」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

深入りの関連キーワードシューマン(Robert (Alexander) Schumann、作曲家)ミュラー(スイスの歴史家、政治家 Johannes von Müller)アンダーソン(Sherwood Anderson)枕・椿・沈・珍・賃・鎭・鎮・陳嵌める・填める・塡めるビスコンチ・ベノスタ手が入れば足も入るフェリペ(2世)ラグ・バンシャ深填り・深塡り首を突っ込むコミュニティ粋が身を食う岩上 二郎ボルテール町人考見録泳ぐ・游ぐ内藤 久寛梁川星巌井原西鶴

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

深入りの関連情報