コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍び込む シノビコム

デジタル大辞泉の解説

しのび‐こ・む【忍び込む】

[動マ五(四)]こっそりと人目につかないようにして中に入る。忍び入る。「部屋に―・む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しのびこむ【忍び込む】

( 動五[四] )
人に気付かれないように、こっそりと入り込む。 「窓から-・む」
[可能] しのびこめる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

忍び込むの関連キーワード寝息を窺う小牧 正英こわれ甕親指小僧奥田英朗忍び返し見澄ますこっそり伝わる胡乱潜入夜暗穿窬昼鳶曲者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忍び込むの関連情報