コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乗(り)込む ノリコム

デジタル大辞泉の解説

のり‐こ・む【乗(り)込む】

[動マ五(四)]
乗り物に乗ってその中へはいる。「車で現地に―・む」
乗客や乗員が乗り物の中へはいる。「通勤の客がいっせいに電車に―・む」
敵の領分などに、勇んで入り込む。「大挙して談判に―・む」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

乗(り)込むの関連キーワード黄金狂時代立振舞

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android