コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乱序 らんじょ

4件 の用語解説(乱序の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乱序
らんじょ

(1) 雅楽の音楽理論用語。左方の舞楽曲の特定の曲 (『陵王』,『還城楽』,『安摩』,『二の舞』など) の登場または退場の作法およびその舞とその伴奏の名称。特に,その伴奏の打楽器リズム型の名称としていわれることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

らん‐じょ【乱序】

雅楽で、1曲の序部でありながら急速に舞う特定の部分の楽曲および舞。「蘭陵王(らんりょうおう)」「還城楽(げんじょうらく)」「安摩(あま)」にある。
囃子事(はやしごと)の一。獅子(しし)の出現のとき、大鼓(おおつづみ)・小鼓・太鼓・笛で豪壮絢爛(けんらん)にはやす。
長唄の囃子で、2を取り入れたもの。獅子の曲に用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

らんじょ【乱序】

雅楽の舞楽の登・退場音楽,および能の登場の囃子事のひとつ。舞楽の乱序は,羯鼓(かつこ)または三ノ鼓と太鼓(大太鼓(だだいこ)),鉦鼓(しようこ)(大鉦鼓)によって奏されるもので,4拍一単位の簡素なリズムが,速度の変化を伴わずに何度も繰り返される。そこに竜笛(りゆうてき)が〈陵王乱声〉(〈陵王乱序〉とも)または〈安摩乱声(あまらんじよう)〉を併奏する場合があり,乱序と称する舞の手もある。〈陵王乱声〉は,4拍子の拍節的な旋律を,三つの声部に分かれて1小節ずつ遅れて吹きはじめる追吹きという方法によって,打楽器のリズムに合わせて併奏する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

らんじょ【乱序】

舞楽で、太鼓・羯鼓かつこ(または三の鼓)・鉦鼓しようこが、四拍の躍動的なリズム型を反復打奏する曲。竜笛の追吹おいぶき・退吹おめりぶき(数人が同旋律を少しずつずらして吹奏)を伴う。陵王りようおう・還城楽げんじようらくの登退場と安摩あま・二の舞の曲に奏される。
能の囃子事はやしごとの一。獅子の登場に奏される豪壮な曲。
歌舞伎囃子の一。能から取り入れたもので、石橋しやつきよう物の獅子の出に奏する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の乱序の言及

【安摩】より

…天平のころ,林邑(今のベトナム)の僧仏哲が伝えたものを,承和年間(834‐848)に大戸清上が改作したといわれる。演奏次第は,壱越調調子・音取―乱序(鹿婁(ろくろ)乱序といい,これ以下,笛と打物のみで奏する。最初,打物だけで鹿婁という特殊な奏法をする間に舞人は面をつけ,楽屋を出て,舞台に登る。…

【舞楽】より

…舞楽では中心となる舞曲(当曲(とうきよく)という)のほかに必ず舞人の登・退場のための音楽を必要とし,このほか曲によっては序奏や間奏曲,あるいは当曲自体が数楽章に分かれるものなどいろいろあるが,これらの楽章と,舞人の登・退場,演舞の関係が唐楽と高麗楽とでは異なる。唐楽では当曲の前後に,これとは別個の調子の品玄(ぼんげん)・入調(にゆうぢよう),各種の乱声(らんじよう),乱序(らんじよ),道行(みちゆき)などの登・退場楽をもつものがほとんどであるのに対し,高麗楽では《高麗乱声(こまらんじよう)》という登場楽をもつものが数曲ある以外は,ほとんどの曲が当曲の間に登場,演舞,退場するという簡素化された形をもつ。その代り,舞人が楽屋にいる間に奏される序奏曲に関しては,高麗楽ではほとんどの曲が各種の音取(ねとり),小乱声(こらんじよう),納序(のうじよ),古弾(こたん)などの序奏をもつのに対し,唐楽では序奏をもつものは数例にすぎない。…

※「乱序」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone