コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五加/五加木 ウコギ

デジタル大辞泉の解説

うこぎ【五加/五木】

ウコギ科の落葉低木。幹には鋭いとげがあり、葉は5枚の小葉からなる手のひら状の複葉。雌雄異株。初夏、黄緑色の小花が散形に集まってつく。実は熟すと黒い。中国の原産。根皮を干したものを漢方で五加皮(ごかひ)といい、強壮薬とする。若葉は食用。ウコギ科双子葉植物は約700種が温帯から熱帯に分布し、タラノキヤツデキヅタチョウセンニンジンなども含まれる。 春》「おもひ出てさし木の―摘日かな/白雄

ご‐か【五加】

ウコギのこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごか【五加】

ウコギの漢名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

五加 (ウコギ)

学名:Acanthopanax sieboldianum
植物。ウコギ科の落葉低木,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

五加/五加木の関連キーワードその他の身近な山野草ウコギ(五加)バイカオウレン五加・五加木ハルビン五加皮酒梅花黄蓮五加皮薬用酒漢名薬酒戸倉

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android