コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上八千代(3世) いのうえやちよ[さんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

井上八千代(3世)
いのうえやちよ[さんせい]

[生]天保9 (1838).2.1.
[没]1938.9.7.
日本舞踊,京舞井上流家元。本名片山春子。2世井上八千代門弟。観世流能楽師片山九郎右衛門の妻。明治5(1872)年都をどりの振り付けを創始し,京都祇園に井上流の地盤を築いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の井上八千代(3世)の言及

【京舞】より

…上方の舞は,朝廷に仕えた公家の女官などが手すさびにたしなんだ御殿舞から派生した舞と,大坂の歌舞伎から派生し,町師匠によって広められた座敷舞とがあり,京舞は前者の系統。幕末から明治初年にかけて,京の舞は篠塚流が盛んであったが,実力をそなえた統率者がおらずしだいに衰微し,明治に入って3世井上八千代の率いる井上流が隆盛を迎えて以来,京都はえぬきの流派は井上流だけとなった。したがって現在京舞といえば井上流の舞を指す。…

【都をどり】より

…花街舞踊。1872年(明治5)3世井上八千代が創始した。京都祇園町の舞妓,芸妓連中による観光舞踊で,現在は4月から5月にかけて催される。…

※「井上八千代(3世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

井上八千代(3世)の関連キーワード日本舞踊

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android