コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上八千代(3代) いのうえ やちよ

2件 の用語解説(井上八千代(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上八千代(3代) いのうえ-やちよ

1838-1938 幕末-昭和時代前期の日本舞踊家。
天保(てんぽう)9年2月1日生まれ。2代に師事。明治5年「都をどり」をふりつけた。7年観世流能楽師6代片山九郎右衛門と結婚。能と,長唄,常磐津(ときわず),清元曲をとりいれ,本行舞(ほんぎょうまい)を完成させた。96歳のとき井上八千代を名のる。昭和13年9月7日死去。101歳。京都出身。前名は井上春。本名は片山春子

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

井上八千代(3代)

没年:昭和13.9.7(1938)
生年:天保9.2.1(1838.2.24)
文化文政期(1804~1830)に礎が築かれた京舞井上流の3代目家元。大坂住吉の社家吉住彦兵衛の次女。観世流能楽師片山晋三の妻。本名片山春子。幼少のころ町の師匠に舞の手ほどきを受け,12,3歳ごろ井上流に入門。能や人形浄瑠璃の型を取り入れた直線的な舞を磨き上げ,その芸風は晩年まで本名で通すほどの厳格な性格を反映していた。井上流を京都の祇園に根付かせ,明治5(1872)年,「都をどり」を創始した。100歳で矍鑠たる舞を舞い,翌年大往生を遂げるが,のちに4代目となる片山愛子への厳しい稽古ぶりなど,並々ならぬ女傑ぶりを偲ばせる逸話は数多い。<参考文献>片山博道「京舞井上流のことゞも」(『上方』52号)

(丸茂祐佳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

井上八千代(3代)の関連キーワード珪藻土直木賞歴史小説ルーマニア文学近衛声明芥川賞亡命文学麦と兵隊岸沢式佐(5代)メチニコフ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone