コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上八千代(3代) いのうえ やちよ

2件 の用語解説(井上八千代(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上八千代(3代) いのうえ-やちよ

1838-1938 幕末-昭和時代前期の日本舞踊家。
天保(てんぽう)9年2月1日生まれ。2代に師事。明治5年「都をどり」をふりつけた。7年観世流能楽師6代片山九郎右衛門と結婚。能と,長唄,常磐津(ときわず),清元曲をとりいれ,本行舞(ほんぎょうまい)を完成させた。96歳のとき井上八千代を名のる。昭和13年9月7日死去。101歳。京都出身。前名は井上春。本名は片山春子

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

井上八千代(3代)

没年:昭和13.9.7(1938)
生年:天保9.2.1(1838.2.24)
文化文政期(1804~1830)に礎が築かれた京舞井上流の3代目家元。大坂住吉の社家吉住彦兵衛の次女。観世流能楽師片山晋三の妻。本名片山春子。幼少のころ町の師匠に舞の手ほどきを受け,12,3歳ごろ井上流に入門。能や人形浄瑠璃の型を取り入れた直線的な舞を磨き上げ,その芸風は晩年まで本名で通すほどの厳格な性格を反映していた。井上流を京都の祇園に根付かせ,明治5(1872)年,「都をどり」を創始した。100歳で矍鑠たる舞を舞い,翌年大往生を遂げるが,のちに4代目となる片山愛子への厳しい稽古ぶりなど,並々ならぬ女傑ぶりを偲ばせる逸話は数多い。<参考文献>片山博道「京舞井上流のことゞも」(『上方』52号)

(丸茂祐佳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井上八千代(3代)の関連キーワード生世話物滑稽本文化文政時代胡麻胴乱とっちりとん根曳の松俳諧文庫御座敷長唄難波千代平玉扇

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone