コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京田辺[市] きょうたなべ

百科事典マイペディアの解説

京田辺[市]【きょうたなべ】

京都府南部の市。1997年4月1日綴喜(つづき)郡田辺町から市制改称。京都盆地の南端木津(きづ)川西岸に位置し,北は八幡市城陽(じょうよう)市,西は大阪府枚方(ひらかた)市などに隣接する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうたなべ【京田辺[市]】

京都府南部の市。人口5万3040(1995)。1997年綴喜(つづき)郡田辺町が市制,改称。東縁を木津川が北流し,西部は生駒山地につながる甘南備(かんなび)山が占める。木津川沿いに近鉄京都線,JR片町線が走り,沿線に市街地が発達している。第3次産業人口が就業人口の半数以上を占め,京都・大阪・奈良市ベッドタウンの色彩が濃い。農業は宅地開発の波におされて衰退しているが,田辺ナスや玉露など茶の栽培は盛んである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

京田辺[市]の関連キーワード酬恩庵

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京田辺[市]の関連情報