仁右衛門島(読み)にえもんじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仁右衛門島
にえもんじま

千葉県南部,太平洋に臨む鴨川市太海海岸(ふとみかいがん。→太海)にある小島。別称波太島(なぶとじま)。周囲 1.2km,面積約 0.2km2。代々平野仁右衛門を名のる島の所有者が居住。新第三紀に属する砂岩からなり,周囲には海食台(→波食台)が発達,旧汀線が数次の隆起の跡を示している。老マツ,大ソテツや,源頼朝日蓮上人にちなむ遺跡があり,県指定の名勝。南房総国定公園に属し,太海海岸とともに観光地域を形成。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕仁右衛門島(にえもんじま)


千葉県鴨川(かもがわ)市、太海(ふとみ)海岸にある小島。周囲約4km。伊豆で挙兵し石橋山の戦いで、海路安房(あわ)へ逃れた源頼朝(みなもとのよりとも)が平野仁右衛門に助けられ、一時かくまわれた島と伝えられている。南房総(みなみぼうそう)国定公園に属し、県の名勝に指定。平野家住宅や松尾芭蕉(まつおばしょう)の句碑、源頼朝が隠れた洞穴などがある。海水浴客や釣り客が多い。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仁右衛門島
にえもんじま

千葉県南部、鴨川市(かもがわし)の太海海岸(ふとみかいがん)にある小島。浜波太(はまなぶと)漁業集落の沖100メートルに位置する砂岩・泥岩からなる隆起海食台の島で、周囲4キロメートル。南房総国定公園に属し、県の名勝に指定されている。明治時代には波太島とよばれていたが、その後、島の所有者平野仁右衛門にちなんで改称された。1180年(治承4)石橋山の戦いに敗れた源頼朝(よりとも)が安房(あわ)へ逃れた際、島の住人平野仁右衛門に助けられた恩賞として島と沿岸の漁業権を与え、平野家は代々島主として世襲し今日に続いている。島内に平野家住宅、頼朝が隠れた洞穴、松尾芭蕉(ばしょう)句碑、蓬島(よもぎしま)弁財天、亀岩(かめいわ)などや海浜植物群落がある。海水浴場や釣り場もあり観光客は多く、島へは専用の渡し船で連絡する。世帯数1(2000)。[山村順次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android