コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菱田春草 ひしだ しゅんそう

美術人名辞典の解説

菱田春草

日本画家。長野県生。名は三男治。東美校に入り、橋本雅邦に学ぶ。卒業後同校で教鞭をとる傍ら、帝室博物館のために古画を模写する。のち大観と印度から英米仏に遊び、パリで個展を開き好評を博する。大観・観山・武山と共に雅邦門下の四天王と言われ、「朦朧体」の無線描法によって日本画の近代化を促した。明治44年(1911)歿、38才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひしだ‐しゅんそう〔‐シユンサウ〕【菱田春草】

[1874~1911]日本画家。長野の生まれ。本名、三男治(みなじ)。岡倉天心・橋本雅邦の薫陶を受け、日本美術院創立に参加。横山大観らと朦朧(もうろう)体といわれる描法を試みるなど、日本画の革新に努めた。代表作「落葉」「黒き猫」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

菱田春草【ひしだしゅんそう】

明治の日本画家。長野県飯田生れ。名は三男治。結城正明に日本画を学び,のち東京美術学校橋本雅邦に師事。1896年日本絵画協会第1回展で銅賞牌受賞。1898年岡倉天心の校長辞職時に講師を辞任,日本美術院創立に参加,横山大観下村観山らと美術院の前衛として活躍。
→関連項目福井県立美術館

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菱田春草 ひしだ-しゅんそう

1874-1911 明治時代の日本画家。
明治7年9月21日生まれ。結城(ゆうき)正明,岡倉天心,橋本雅邦(がほう)らにまなぶ。のち天心らの日本美術院創立に参加。また横山大観らと朦朧(もうろう)体といわれる没線(もつせん)主彩描法をこころみるなど,日本画の革新につとめた。明治44年9月16日死去。38歳。長野県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は三男治(みおじ)。代表作に「落葉」「黒き猫」(ともに重文)など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

菱田春草

没年:明治44.9.16(1911)
生年:明治7.9.21(1874)
明治期の日本画家。筑摩県飯田町(長野県飯田市)生まれ。本名三男治。明治22(1889)年上京し,結城正明に学んだのち,23年東京美術学校(東京芸大)に入学。28年同校を卒業したが,卒業制作「寡婦と孤児」は,日清戦争の時局とも重なり,その評価をめぐって教授会が紛糾した。これが,革新性ゆえにたびたび論議をひき起こした春草の問題作第1号となる。同年帝国博物館嘱託として京都と高野山で古画の模写に従事。29年には母校絵画科の嘱託教員となる。31年岡倉天心を誹謗する怪文書に端を発した東京美術学校騒動に際して同校を辞職。同年の日本美術院創立に正員として参加し,横山大観,下村観山と並んで,同院の主力作家となる。以後,同院と共催の日本絵画協会の共進会に革新的な作品を次々に発表。筆線を否定し大気表現を試みた作品群は,朦朧体の呼称で激しい非難を浴びた。次第に日本美術院の経営も悪化していくなかで,大観と共に36年インド,37~38年欧米を巡遊。帰国後38年,その芸術的指針を「絵画について」と題して発表し,琳派を中心とする色彩研究に進んだ。39年日本美術院の五浦移転に伴い,同地に転居したが,40年ごろより眼病のため帰京。悪化していく病状と小康状態のなかで,42年第3回文展「落葉」,翌43年同第4回「黒き猫」(いずれも永青文庫蔵)などの名作が描かれた。これらは春草のみならず,近代日本画の代表的作品のひとつに数えられる。しかし44年ついに失明。同年38歳で夭逝した。

(佐藤道信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひしだしゅんそう【菱田春草】

1874‐1911(明治7‐44)
日本画家。長野県下伊奈郡飯田町に生まれる。本名は三男治(みおじ)。一時は画家を志した次兄為吉のすすめで上京,結城正明について日本画を学び,1890年東京美術学校に入学。日清戦争直後の95年に描いた卒業制作《寡婦と孤児》によって戦争の被害を表現してその創作力を認められ,翌年日本絵画協会発足とともに,狩野派風の描線に賦彩に工夫をこらした《拈華微笑(ねんげみしよう)》,天女もついに衰えるという〈天人五衰〉に材を取った《水鏡》などを発表。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひしだしゅんそう【菱田春草】

1874~1911) 日本画家。長野県生まれ。本名三男治みなじ。橋本雅邦に師事し、岡倉天心とともに日本美術院創立に参加。線描を捨て朦朧もうろう体(没骨もつこつ描法)を試みるなど、日本画の革新をめざした。代表作「落葉」「黒き猫」「水鏡」「菊慈童」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菱田春草
ひしだしゅんそう

[生]1874.9.21. 長野,飯田
[没]1911.9.16. 東京
日本画家。本名は三男治。 1888年上京して結城正明に師事,1890年東京美術学校に入学し,岡倉天心橋本雅邦らの教えを受けた。 1895年同校卒業,翌年同校講師となったが,1898年天心,雅邦に従い職を辞して日本美術院の創立に参加。横山大観下村観山とともに天心門下の三羽烏として日本画の革新に努め,特に朦朧体と呼ばれる没骨 (もっこつ) 彩画の新技法を開拓した。 1903年から 1905年にかけてインド,アメリカ合衆国,ヨーロッパを旅行,帰国後は天心らと茨城県五浦 (いづら) に移住して制作に専念。やがて眼病にかかり,東京,代々木で治療しながら,写生と装飾との調和を見出し,鋭敏な感覚と知的な表現をもって深い詩情を示す作品を制作したが,腎臓炎を再発して没した。主要作品『賢首菩薩』 (1907,東京国立近代美術館,重要文化財) ,『落葉』 (1909,永青文庫,重文) ,『黒き猫』 (1910,同,重文) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菱田春草
ひしだしゅんそう
(1874―1911)

明治の日本画家。本名は三男治(みなじ)。長野県飯田(いいだ)町に生まれる。1889年(明治22)に上京して結城正明(ゆうきまさあき)に師事し、翌年東京美術学校に入学、岡倉天心、橋本雅邦(がほう)の薫陶を受けて95年に卒業。『寡婦と孤児』は卒業制作である。翌年母校の講師となり、また日本絵画協会に加わり絵画共進会に出品、97年の『拈華微笑(ねんげみしょう)』で銀牌(ぎんぱい)を受賞した。98年美術学校騒動に際し天心に殉じて辞職し、日本美術院の創立に参加した。日本画の革新に意欲を燃やし、1900年(明治33)ごろから横山大観らと没線描法を試み、『菊慈童』『雲中放鶴(ほうかく)』などを発表したが、朦朧(もうろう)体と悪評を受けた。やがて線は復活するが、この試みは以後の日本画に新たな要素をもたらすことになる。03年に大観とインドへ旅行、04年には天心、大観らとアメリカへ渡り、翌年ヨーロッパを経て帰国。06年美術院の移転に従って茨城県五浦(いづら)に移り、第1回文展にはここから『賢首菩薩(ぼさつ)』を出品した。しかし眼病を患い、08年東京に戻って代々木に住み、ようやく回復すると写生に励む。09年の第3回文展に出品した『落葉(おちば)』(重文、東京・永青文庫)は近代日本画中、屈指の名作とされる。ほかに『雀(すずめ)に鴉(からす)』『四季山水』や『黒き猫』(重文、東京・永青文庫)などが晩年を代表する作品。清澄な表現に自然観照の深まりと古典への親近がうかがえる。[原田 実]
『菱田春夫編著『菱田春草(定本画集)』(1977・大日本絵画) ▽近藤啓太郎著『菱田春草』(1984・講談社) ▽河北倫明他編『日本の名画8 菱田春草』(1977・中央公論社) ▽勅使河原純著『菱田春草とその時代』(1982・六芸書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の菱田春草の言及

【官展】より


[初期の文展]
 1907年に開設された文展は,日本画,洋画,彫刻の3部で構成され,第1回展の審査委員に橋本雅邦,横山大観,下村観山,竹内栖鳳,川合玉堂,黒田清輝,岡田三郎助,和田英作,浅井忠,小山正太郎,中村不折,高村光雲,長沼守敬,新海竹太郎など各派の有力作家のほか,大塚保治,岡倉天心,藤岡作太郎,森鷗外,岩村透ら学者が任命された。そして菱田春草《賢首菩薩》,和田三造《南風》の2等賞受賞(1等賞なし)などは,発足した文展の明るい面を示すものであった。しかしまた,人事をめぐる確執も最初から起こっている。…

※「菱田春草」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菱田春草の関連キーワード花園花貫県立自然公園飯田市美術博物館長野県信濃美術館明治・大正の美術近藤 啓太郎北野美術館飯田(市)水野美術館横山 大観山種美術館岡倉 天心小高根太郎菱田 春夫江中無牛六角鬼丈菱田春夫秋元洒汀今村紫紅明治時代菊慈童

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菱田春草の関連情報