コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代位弁済 だいいべんさいsurrogierte Erfüllung

5件 の用語解説(代位弁済の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

代位弁済
だいいべんさい
surrogierte Erfüllung

第三者または共同して債務を負う者 (保証人,連帯債務者など) が弁済した場合に,債権者の所有していた債権およびこれに伴う担保権や保証債務などが求償権の範囲内で弁済者に移転することをいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいい‐べんさい〔ダイヰ‐〕【代位弁済】

第三者が債務者に代わって弁済した場合に、債権者のもっていた債権・担保権などが弁済者に移転すること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だいいべんさい【代位弁済 surrogation】

たとえば,保証人が債務者に代わって弁済したような場合には,保証人は債務者に対して弁済のため支出した費用などの償還を求めることができる。この求償権の実現を確実にするため,弁済によって,債権者が債務者に対して有するいっさいの権利が,保証人に移転するものとされている。これを,弁済による代位,または,代位弁済という(民法499条以下)。 要するに,債務者以外の第三者が弁済するときは,第三者に債務者へ贈与する意思のないかぎり,第三者は債務者に対して求償権を取得し,これを担保するために,債権者の権利が第三者に移転するわけである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

だいいべんさい【代位弁済】

第三者が債務者に代わって弁済した場合、その弁済で消滅する債権・担保物権などが求償権の範囲で弁済者に移転すること。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

代位弁済
だいいべんさい

第三者または共同債務者(たとえば保証人や連帯債務者など)の1人が、債務者または他の共同債務者にかわって弁済をなす場合には、これらの者に対して求償権を取得することが多い。この求償権の効力を確保するために、民法は、債権者の有した権利およびこれに従たる権利(担保権など)が弁済者に移転するものとした(499条以下)。これを代位弁済、弁済者の代位、または弁済による代位という。たとえば、丙が乙の債権者甲に弁済することにより、甲の債権、担保権(たとえば抵当権や質権)などが丙に移転するなど。代位弁済には法定代位任意代位とがある。弁済するについて正当な利益を有する者(物上保証人とか抵当不動産第三取得者など)は、弁済によって当然債権者に代位する(500条)。これが法定代位である。その他の者は債権者の承諾を得て代位することができる(499条)。これが任意代位である。[淡路剛久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

代位弁済の関連情報