コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤宗看 イトウソウカン

デジタル大辞泉の解説

いとう‐そうかん【伊藤宗看】

[1618~1694]江戸前期の将棋棋士。家元伊藤家の祖。幼少のとき大橋宗桂師事、のち3世名人になった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いとうそうかん【伊藤宗看】

1618‐94(元和4‐元禄7)
3世将棋名人。出雲国に生まれる。2世名人大橋宗古の門人になり,棋力に秀でていたために宗古の娘をめとって伊藤家を興した。幕府より家禄として代々20石五人扶持を支給され,1654年(承応3)宗古が没すると名人に就任。以後将棋所の司である名人位は大橋本家,分家および伊藤家のいずれかにより世襲することになり,将棋の家元制度が確立した。宗看のときに将棋三家は京都から江戸に移住,名実ともに将棋役として幕府に奉公するようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いとうそうかん【伊藤宗看】

(初代)(1618~1694) 江戸前期、将棋三世名人。出雲の人。大橋本家で修業し、1635年に独立して家元伊藤家をおこし、のち三世名人となる。在野派の挑戦を退けた数多の争い将棋で有名。
(三代)(1706~1761) 江戸中期、将棋七世名人。将軍に献上した詰め将棋集「象戯図式」は難解かつ名作で、「詰むや詰まざるや百番」と称して有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊藤宗看
いとうそうかん
(1706―1761)

江戸時代の将棋棋士。2代伊藤宗印の二男。幼名は印寿。1724年(享保9)3代宗看の名で「御城(おしろ)将棋」を務める。27年八段に昇り、翌28年、23歳という史上最年少で7世名人を襲位。名人襲位6年目に献上した図式(詰め将棋)の「象戯(しょうぎ)図式」は名作で難解。後代の人は「詰むや詰まざるや百番」と称して有名である。弟看寿は享保(きょうほう)時代(1716~36)を代表する傑作「象棋百番奇巧図式」(通称「将棋図巧」)を遺(のこ)し、42歳で没後名人を贈られた。「鬼宗看」といわれるその棋風の、正しい大局観、中盤は軽快かつ豪快、応変の力強さ、寄せの鮮やかさが御城将棋の実戦譜に示されている。歴代名人中、最強とみるファンが多い。[原田泰夫]
『伊藤宗看・看寿著『詰むや詰まざるや』(平凡社・東洋文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の伊藤宗看の言及

【将棋】より

…算砂がその司に任ぜられたが,1612年(慶長17)に算砂,宗桂に家禄50石が支給された。34年(寛永11)に大橋家は宗桂の長子・宗古が継いだが,宗古の弟宗与は分家し,宗桂の門人伊藤宗看(そうかん)(後の3世名人)が宗古の娘婿となって新たに伊藤家を興した。35年大橋両家と伊藤家に家禄20石が支給されるようになり,この世襲3家によって家元制度が確立した。…

※「伊藤宗看」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊藤宗看の関連キーワード伊藤宗看(初代)伊藤宗看(3代)大橋宗桂(2)大橋宗桂(3)詰め将棋原田泰夫数多名作将軍初代三代出雲

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android