伊雑宮(読み)いぞうぐう

百科事典マイペディアの解説

伊雑宮【いぞうぐう】

三重県志摩市,的矢(まとや)湾の奥に鎮座。〈いざわ〉ともいい,伊佐波宮・伊射波宮・伊佐布宮とも記される。祭神は天照皇大御神(あまてらすすめおおみかみ)・玉柱屋姫命(たまはしらやひめのみこと)。伊勢神宮内宮の別宮の一。延喜式内の粟嶋坐伊射波神社の比定社。志摩(しま)国一宮御食つ国である志摩国として贄(にえ)の調進が重視され,伊勢神宮の神戸が置かれていた。江戸期社人等は伊雑宮は《日本書紀》垂仁(すいにん)天皇25年条にある〈磯宮〉にあたり,内宮鎮座以前に祀られた元宮であると主張した。6月の御田植祭神事は有名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の伊雑宮の言及

【磯部[町]】より

…東部海岸には縄文~弥生時代の貝塚が多く,奈良時代の製塩跡や和同開珎も発見された。伊雑ノ浦奥にある中心集落の磯部には伊勢神宮の別宮伊雑宮があり,かつては磯部七郷を形成した。的矢と渡鹿野(わたかの)は近世には江戸廻船の寄港地として栄えた。…

【的矢湾】より

…リアス海岸で,西に深く入りこんだ湾奥は溺れ谷の入江の伊雑(いぞう)ノ浦である。伊雑ノ浦には神路川が流入し,流域に沖積低地を形成,入江の奥の磯部町上之郷には伊勢神宮の別宮伊雑宮が鎮座する。一帯は古来伊勢神宮領で神戸や御厨(みくりや)があり,中世には的屋氏が城を構えていた。…

※「伊雑宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊雑宮の関連情報