コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会社整理 かいしゃせいり

4件 の用語解説(会社整理の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かいしゃせいり【会社整理】

会社が支払い不能・債務超過に陥る恐れや疑いがある場合、裁判所の監督下に会社の再建を図る目的で行われる手続き。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

会社整理【かいしゃせいり】

株式会社のみに認められる会社再建の手続(2005年改正前商法381条以下)。会社が支払不能債務超過に陥るおそれがあるか,その疑いのある場合に,申立てに基づいて裁判所が開始決定をする。
→関連項目特別清算

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かいしゃせいり【会社整理】

支払不能,債務超過,その他により破綻(はたん)にひんした株式会社の再建のため商法会社編の中に規定されている裁判所の監督のもとで行われる手続。1938年の商法改正によって導入された。倒産企業再建のための手続としてはほかに和議と会社更生があるが,会社整理の特徴は利害関係人話合いによる整理(私的整理)を公権力の介入によって助成しようとする点にある。すなわち,和議や会社更生では再建案が債権者等利害関係人の法定多数決により一部の反対を押し切ってでも決定できるのに対して,会社整理における再建案である整理計画は全債権者の同意がなければ成立しない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

会社整理
かいしゃせいり

破綻(はたん)に瀕(ひん)した株式会社が破産に至ることを避け、商法の規定に従い、裁判所の監督のもとに行われる会社の再建を目的とした手続。1938年(昭和13)の商法改正により設けられ、2005年(平成17)に廃止された制度である。
 旧商法では以下のように規定されていた。裁判所は、会社が支払不能または債務超過に陥るおそれがあると認められるか、または陥っている疑いがある場合に、取締役、監査役、少数株主、もしくは一定の要件を備えた債権者の申立てにより、または会社の業務を監督する官庁の通告に基づき、職権をもって会社整理の開始を命じることができる。整理開始命令があると、その登記がなされ、会社に対する破産の申立てや会社財産に対する強制執行等が許されなくなり、着手済みのそれらの手続は中止され、さらに中止していた手続は整理開始命令の確定によって失効する。開始命令があると、裁判所は、会社財産の保全処分、検査役による検査、会社の業務財産に関して監督員による監督または管理人による管理などを命ずることができ、整理委員に整理計画案の立案とその実行を命ずることができる。整理の実行は取締役または管理人が行い、これにより整理が結了し、または整理の必要がなくなったときは、裁判所は整理終結の決定をして、会社は正常の状態に復帰する。
 このような会社整理は、債権者全員の同意がなければ強行できず、また、整理の見込みがないときは破産手続に移行することとされていた。この制度は債権者に対する強制力がないほか、減資・合併等も商法(当時)の通常の手続規定に沿い株主総会等の決議等を経て行わなければならなかったため、会社再建策としての実効性に乏しかった。その後1952年(昭和27)に制定された会社更生法(昭和27年法律第172号。全面改正され、現行法は平成14年法律第154号)では、多数決原理に沿った更生計画の立案ができるようになり、また、更生計画に定めれば商法の通常の手続規定に沿わずに減資、合併等が可能となった。さらに1999年(平成11)には民事再生法(平成11年法律第225号)も制定され、多数決原理を採用した、利用しやすい再建型倒産処理手続が導入された。よって、再建型倒産処理制度としての会社整理の存在意義は失われたとされ、2005年の会社法制定(平成17年法律第86号)によって廃止された。[戸田修三・福原紀彦・武田典浩]
『山口和男編『裁判実務大系21 会社訴訟・会社非訟・会社整理・特別清算』(1992・青林書院) ▽高木新二郎著『会社整理』3訂版(1997・商事法務研究会) ▽森綜合法律事務所編、金丸和弘著『減資・会社整理・清算・特別清算』(2001・中央経済社) ▽伊藤眞著『破産法・民事再生法』第2版(2009・有斐閣) ▽山本和彦著『倒産処理法入門』第4版(2012・有斐閣)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の会社整理の言及

【会社更生法】より

…倒産の処理に関する法制としては破産法が代表的であるが,破産清算を目的とするのに対し会社更生法は再建を目的とする。
[和議,会社整理との対比]
 従来,企業再建のための裁判上の手続としては和議法(1922公布)による和議手続および商法に規定される会社整理の手続(1938年改正で新設)があったが,株式会社企業の再建手続として十分でなかった。まず,和議は個人債務者を眼中に置いているうえ,破産原因がなければ開始されえない点で再建には手遅れである。…

【倒産】より

…具体的には,(1)決済資金の裏づけがないため不渡り(その手形,小切手を不渡手形という)を出した法人または個人企業が6ヵ月以内に2回目の不渡手形を出して銀行取引停止処分を受けることにより表面化することが多い。そのほか,(2)会社更生法の適用を申請したり破産申請をしたとき,(3)商法381条による会社整理,和議法による整理状態になったとき,(4)債権者会議を開催し内整理(これは法律によるものではない)を行ったとき,を倒産というが,倒産という言葉は法律用語でも学問用語でもない。ただし中小企業信用保険法には倒産という言葉が用いられている。…

※「会社整理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

会社整理の関連キーワード債務超過支払停止履行不能民事再生法佐賀商工共済協同組合の破綻(はたん)足利銀行の経営破綻債務超過問題極大回収債務者区分支払不能・支払停止

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

会社整理の関連情報