コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伯母子岳 おばこだけ

3件 の用語解説(伯母子岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伯母子岳
おばこだけ

奈良県南西部,野迫川村十津川村の境にある山。吉野山地の一支脈である伯母子山地の主峰。標高 1344m。尾根が西の護摩壇山に続き,東に伯母子峠がある。モミ,ツガ,ブナの原生林とツツジの群落があり,高野龍神国定公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おばこだけ【伯母子岳】

紀伊山地の西部,奈良県と和歌山県の境を南北にのびる伯母子山地の主峰。標高1344m。伯母子岳は護摩壇山(1372m)より東へのびた支脈の上にあり,山頂から東に大峰山脈,南に果無(はてなし)山脈を眺望できる。山腹にはブナ林が分布し,冬に樹氷がみられる。登山道は高野山の奥山を経由して通じる。この山の肩に伯母子峠(1230m)があり,かつて高野山と熊野地方を結ぶ連絡道の難所であった。高野竜神国定公園に属する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伯母子岳
おばこだけ

奈良県南部、吉野郡十津川(とつかわ)村と野迫川(のせがわ)村の境にある山。標高1344メートル。山頂は一面のカヤの原で、目を遮る樹木がなく、雄大な展望が開ける。東に大峰の連峰、西に護摩壇山(ごまだんざん)、北に高野(こうや)、荒神の山々、南に鉾尖(ほこさい)岳などを臨み、高野竜神国定公園に属する。紀伊山地の一支脈、護摩壇山から東方へ延びる伯母子山地の主峰である。山頂の東には、高野山と熊野を結ぶ旧南高野街道の伯母子峠がある。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伯母子岳の関連情報