コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住吉具慶 すみよし ぐけい

8件 の用語解説(住吉具慶の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

住吉具慶

江戸初期の住吉派の画家。住吉如慶の子。初名は広純、のち広澄、通称は内記。住吉派の祖。法眼に叙せられる。徳川幕府の奥絵師に任ぜられ、住吉派の興隆の基礎をつくった。代表作に「東照宮縁起絵巻」「洛中洛外図巻」等。宝永2年(1705)歿、75才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すみよし‐ぐけい【住吉具慶】

[1631~1705]江戸前期の画家。京都の人。名は広澄。通称、内記。父如慶の画業を継ぎ、精細緻密(ちみつ)な大和絵を制作。幕府の奥絵師となり、住吉派興隆の基礎を築いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

住吉具慶【すみよしぐけい】

江戸初期の画家。住吉如慶の子で名は広澄。内記を称し,のち法名具慶を名のる。1685年江戸へ出て幕府の奥絵師となり,のち法眼に叙せられた。その子孫も代々内記を称して住吉派を形成,京都の土佐派と並んで大和絵の一派をなし幕府に仕えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

住吉具慶 すみよし-ぐけい

1631-1705 江戸時代前期の画家。
寛永8年生まれ。住吉如慶(じょけい)の長男。大和絵住吉派の興隆の基礎を父とともにきずいた。天和(てんな)3年江戸に移住し,幕府御用絵師をつとめた。元禄(げんろく)4年法眼(ほうげん)となる。宝永2年4月3日死去。75歳。京都出身。名は広純,広澄。通称は内記。作品に「洛中(らくちゅう)洛外図巻」「宇治拾遺物語絵巻」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

住吉具慶

没年:宝永2.4.3(1705.4.25)
生年:寛永8(1631)
江戸前期を代表する,やまと絵系画家のひとり。如慶広通の長男として京都に生まれた。名は初め広純,のち広澄。通称は内記。別号に松岩があった。延宝2(1674)年5月17日妙法院尭恕法親王のもとで剃髪得度,法名を具慶とし,同年6月4日法橋に叙せられた。同6年飛鳥井雅章の孫娘が越前松平家へ輿入れするに際し「徒然草画帖」(東京国立博物館蔵)を制作。同7年父如慶が未完成に終わった「東照宮縁起絵」を完成させて江戸へ持参,その功により将軍家綱から褒美として200両を拝領。その際逗留先の寛永寺で「元三大師縁起絵」および「慈眼大師縁起絵」(ともに寛永寺蔵)を制作した。同8年禁裏の命により「年中行事絵」の模写を果たす。天和3(1683)年江戸に召し出され,狩野派の独占状態であった幕府の御用絵師となる。元禄4(1691)年奥医師並となり,狩野益信,北村季吟と共に法眼に叙せられた。京都廬山寺および寛永寺護国院に葬られた。代表作に上記のほか「都鄙図巻」(興福院蔵),「源氏物語絵巻」(個人蔵)などがある。<参考文献>大村西崖編『東洋美術大観』5巻

(榊原悟)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

すみよしぐけい【住吉具慶】

1631‐1705(寛永8‐宝永2)
江戸初期の画家。住吉如慶の長男で,名は広澄,通称内記。1674年(延宝2)剃髪して具慶と号し,同年法橋に叙せられる。85年(貞享2)江戸幕府の奥絵師に任ぜられて江戸へ下り,住吉派興隆の基礎を築き,91年(元禄4)法眼に叙せられる。具慶の江戸移住によって,漢画的要素の強い江戸狩野派に対し,伝統的なやまと絵画派が江戸に定着した意義は大きい。代表作には《東照宮縁起絵巻》(如慶と合作),《洛中洛外図巻》などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すみよしぐけい【住吉具慶】

1631~1705) 江戸前期の大和絵画家。如慶の長男。幕府の奥絵師となり大和絵を江戸に広め、住吉派隆盛の礎を築いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住吉具慶
すみよしぐけい

[生]寛永8(1631)
[没]宝永2(1705).4.3. 江戸
江戸時代初期の住吉派の画家。如慶の長男で名は広澄。天和1 (1681) 年に京都から江戸に移住,翌年に江戸幕府の奥絵師となり,やまと絵を江戸に定着させ,住吉派を興隆。元禄4 (91) 年出家して具慶と号し,法眼に叙せられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

住吉具慶の関連キーワード川崎千虎狩野長信住吉派田付長兵衛代表権ゾルヤマトやまと桜杉山主殿中山大和白描やまと絵

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

住吉具慶の関連情報