佐倉[市](読み)さくら

百科事典マイペディアの解説

佐倉[市]【さくら】

千葉県北部の市。1954年市制。下総(しもうさ)台地の一部を占め,北部は印旛(いんば)沼に面する低湿地。中心市街は近世の城下町,佐倉街道の宿場町として発達,佐倉炭,コンニャクなどの集散でも栄えた。明治以降は陸軍歩兵連隊がおかれた。第2次大戦後衰微したが,住宅団地や電気・一般機器などの工業団地の造成により発展をとりもどした。さらに1978年成田市に新東京国際空港(現,成田国際空港)が開港したのを機に,臨空工業団地として先端技術産業も進出している。総武本線,京成電鉄本線,東関東自動車道が通じ,千葉・東京方面への通勤者が多い。農村部では米,サツマイモ,ラッカセイを産する。佐倉城跡には1983年国立歴史民俗博物館が開館した。東日本大震災で,市内において被害が発生。103.69km2。17万2183人(2010)。
→関連項目館林藩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さくら【佐倉[市]】

千葉県北部の市。1953年佐倉・臼井両町と,志津,根郷,弥富,和田の4村が合体,市制。人口16万2624(1995)。市域印旛沼南岸,鹿島川の低湿地と両総台地にまたがる。江戸時代は江戸城の東を守る要所として重視され,1610年(慶長15)入封した土井利勝鹿島台に佐倉城を築城,城下町を建設した。その後領主はめまぐるしく代わったが,1746年(延享3)老中堀田正亮が10万石(のち11万石)で入封,以後廃藩まで堀田氏の支配が続く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android