コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作型 さくがた cropping type

2件 の用語解説(作型の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

作型
さくがた
cropping type

一地域の作物の栽培体系をいう。今日多くの野菜は周年的に生産されている。きゅうりについてみると,11月~4月は高知県などの暖地のハウス栽培で生産され,5~7月は関東では埼玉,群馬,茨城の各県,7~11月は福島,宮城,岩手などの東北地方で生産されているが,このように各地域で生産される場合,それぞれの地域に適応する品種が選ばれ,また被覆,加温などの管理技術が取捨選択されて,両者の総合化のなかで栽培体系がつくられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さくがた【作型】

今日では,多くの野菜が周年的に栽培,出荷されるようになったが,これは,(1)温度や日長条件に対する反応が著しく異なる品種が育成され,(2)輸送機関の発達で気候条件の異なる遠隔地からの出荷が可能となり,(3)ハウストンネルなどの防寒施設が普及したためである。したがって,同一種類の周年栽培または出荷といっても,ある時期に出荷される野菜は,他の時期に出荷されるものとは品種,栽培地の気候条件,栽培管理の方法などが異なっており,それぞれ特有の栽培技術体系をもとに生産されたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

作型の関連キーワード野菜ハウス栽培京野菜周年栽培中国野菜野菜工場濃い 1日分の野菜野菜生活100野菜パパイヤ指定野菜

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

作型の関連情報