コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かたこと カタコト

デジタル大辞泉の解説

かた‐こと

[副]かたくて軽い物が触れ合って出る小さな音を表す語。「台所でかたこと(と)音がする」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かたこと

( 副 )
硬くて軽い物が触れ合って出る、乾いた音を表す語。 「荷車を-いわせて引いてくる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のかたことの言及

【喃語】より

…喃語のなかには,その発声の文脈から,あたかも意味をもって発声されたかのように聞こえるものがあり,それに対するおとなの反応によって,しだいに発声の対象や状況が特定化し,意味が付与されていく。〈マンマ〉〈ワンワン〉〈ブーブー〉など,乳児の初期の語(かたこと)はこのようにして形成されたものである。幼児期【清水 民子】。…

※「かたこと」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

かたことの関連キーワード僭上・僣上住み離る安原貞室おかしい板返し乳児期失さる形状言隻語台所荷車差口

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かたことの関連情報