コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保科孝一 ほしなこういち

6件 の用語解説(保科孝一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保科孝一
ほしなこういち

[生]明治5(1872).9.20. 米沢
[没]1955.7.2. 東京
国語学者。 1897年東京帝国大学国文科卒業。 98年同大学助手。 1900年同講師を経て,02年東京高等師範学校教授兼東京帝国大学助教授。留学を間にはさみ,27年東京帝国大学教授兼任。 30年東京文理科大学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほしな‐こういち〔‐カウイチ〕【保科孝一】

[1872~1955]国語学者。山形の生まれ。早くから漢字制限などを主張し、国語教育国語問題・国語政策に尽力した。著「国語学精義」「新体国語学史」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

保科孝一 ほしな-こういち

1872-1955 明治-昭和時代の国語学者。
明治5年9月20日生まれ。東京高師教授をへて,昭和5年東京文理大教授。文部省の国語行政にかかわり,漢字制限,かなづかい改定など戦後の国語改革をすすめた。昭和30年7月2日死去。82歳。山形県出身。東京帝大卒。著作に「国語学精義」「国語教授法精義」「新体国語学史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ほしなこういち【保科孝一】

1872‐1955(明治5‐昭和30)
国語学者。山形県米沢市出身。1897年東京帝国大学国文学科卒業。同大学助手,講師を経て,1902年東京高等師範学校教授,東京帝国大学助教授。11‐13年ドイツフランスなどに留学,30年東京文理科大学教授,40年退官して同大名誉教授となった。また1898年から文部省嘱託として国語調査,国語教科書編集に従い,さらに国語審議会幹事,同幹事長,同委員などを歴任し,最晩年まで国語改良事業の力となった。第2次大戦後の漢字制限やかなづかい改訂などの国語政策は,年来の主張の実現といえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほしなこういち【保科孝一】

1872~1955) 国語学者。山形県生まれ。東大卒。国語教育・国語政策を研究し、当用漢字・現代仮名遣いの制定に尽力した。著「国語学精義」「新体国語学史」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

保科孝一
ほしなこういち
(1872―1955)

国語学者。山形県米沢(よねざわ)市生まれ。1897年(明治30)東京帝国大学文科大学卒業。同大学助手、講師を経て、東京高等師範学校、東京文理科大学教授、1940年(昭和15)退官、同大学名誉教授となる。国語教育不振の原因を国語問題の未解決にあるとみて、終生、国語改良のための国語政策に尽力した。文部省国語に関する調査主任嘱託、内閣国語審議会幹事長などを務めるとともに、雑誌『国語教育』(1917~40)を主宰、国語教育のうえにも理論、実践両面にわたって数多くの業績を残した。主要著書に『国語学精義』(1910・同文館)、『国語教授法精義』(1916・育英書院)、『新体国語学史』(1934・賢文館)、『契沖と仮名遣(づかい)』(1942・大日本放送協会出版部)、『国語問題五十年』(1949・三養書房)などがある。[峰岸 明]
『井上敏夫他編『近代国語教育論大系5 大正期』(1975・光村図書出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保科孝一の関連キーワード山形県米沢市赤崩山形県米沢市大町山形県米沢市御廟山形県米沢市城南山形県米沢市李山山形県米沢市関根山形県米沢市東山形県米沢市福田山形県米沢市門東町山形県米沢市矢来

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone