コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

び【備】[漢字項目]

[音](呉) [訓]そなえる そなわる つぶさに
学習漢字]5年
あらかじめそなえる。そなえ。「備荒備蓄備品備忘軍備警備守備準備常備整備設備装備予備
必要なものがそろう。そなわる。「完備具備兼備不備
吉備(きび)国。「備州備前伯備
[名のり]そなう・たる・とも・なが・なり・のぶ・まさ・みつ・みな・よ・よし・より
[難読]備中(びっちゅう)備後(びんご)備長(びんちょう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【合戦】より

…【関 幸彦】
【近世】
 戦国末から近世初頭に起きた合戦も,長篠の戦が長篠城の攻防に始まり,大坂夏の陣で城側が城外で合戦を挑んだように,城攻めまたは籠城とからみ合って,一つの戦争の一部を成していた。しかし,戦国大名の場合どちらかといえば本城や支城の防備を基軸として家臣団が編成されていたのに対し,支城が破却され(城破り(しろわり)・一国一城令),家臣団の城下町集住を原則とする近世大名においては,合戦を基軸としてすべての家臣が編成されていた。その編成表が分限帳(ぶげんちよう)であるが,それによれば大名の軍隊は,家老を大将とするほぼ1万石程度の戦闘単位である備(そなえ)によって構成され,大名自身も旗本備または本陣と呼ばれる直属の戦闘単位を率いた。…

※「備」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

備の関連キーワード和歌山県日高郡みなべ町清川宮城県大崎市岩出山上川原町和歌山県田辺市秋津川広島県庄原市三日市町供ふ・備ふ・具ふ神奈備・神南備埼玉県蕨市中央成都の武侯祠天下三分の計備辺司謄録紀州備長炭大伴古慈斐勝島翼斎諸葛孔明赤壁の戦支払備金塩飽諸島備北民報備忘録儲備券

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

備の関連情報