コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傾城仏の原 ケイセイホトケノハラ

世界大百科事典 第2版の解説

けいせいほとけのはら【傾城仏の原】

歌舞伎狂言。お家物。3幕。近松門左衛門作。1699年(元禄12)正月京の都万太夫座上演。梅永文蔵を初世坂田藤十郎,傾城今川を霧波千寿,今川の父乾介太夫を藤川武左衛門,家老望月八郎左衛門を柴崎林左衛門ほか。京,東山における仏原山月窓寺の沓はき阿弥陀開帳を当て込み,越前の国主梅永家のお家騒動に仕立てた作品。好評により,後日狂言《竜女ケ淵》,三の後日《敦賀の津三階蔵》と,一連の作品を上演。また大坂嵐座でも同年同月,水島四郎兵衛作として《傾城仏の原》を上演。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

傾城仏の原
けいせいほとけのはら

近松門左衛門の歌舞伎(かぶき)脚本。1699年(元禄12)1月、京都の都万太夫座(みやこまんだゆうざ)で初世坂田藤十郎らにより初演。越前(えちぜん)の国主梅永(うめなが)家の家督争いを背景にした御家騒動物で、脚本は残っていないが、絵入(えいり)狂言本が伝存、筋を知ることができる。三番続きの構成で、梅永刑部(ぎょうぶ)の長子文蔵(ぶんぞう)が家横領をねらう弟帯刀(たてわき)のため追放されて流浪する話。落ちぶれた文蔵をめぐり、恋人である2人の遊女今川、奥州、許嫁(いいなずけ)の竹姫たちとの間にさまざまな波瀾(はらん)が起こるが、今川の実父介太夫(すけだゆう)が悪人方から改心して帯刀を討つことにより、文蔵が家督を継ぎ、御家安泰となる。当時東山(ひがしやま)にあった月窓寺(げっそうじ)の開帳を当て込んだもので、最後は一同が月窓寺に落ち合って総踊りになる趣向。奥州とのなれそめを語る長台詞(ながぜりふ)を見せ場とした藤十郎の文蔵が大好評で、彼の「やつし事」の代表作となった。作者近松にとっても、『傾城壬生大念仏(みぶだいねんぶつ)』など多くの傾城買狂言の基盤になっている。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

傾城仏の原の関連キーワード近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)