公験(読み)くげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公験
くげん

日本の律令時代公文書の一つ。「公 (おおやけ) の証験」の意で,官庁から交付される証明書のこと。特に奈良平安時代私有地売買譲渡した場合,それに伴う所有権移転を公認する文書をいい,転じて広く土地所有権を立証するための文書をいった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

公験【くげん】

(1)律令制下で,官の許可を得て出家・受戒したことを証明するため僧尼に授けた証明書。(2)平安期に私有地の売買・譲与によって生じた土地の所有権を公認し,特権を賦与するために発給した文書。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くげん【公験】

公的な証験のこと。(1)平安時代に私有地の売買・譲与によって生ずる土地の所有権を公認し,特権を賦与するために発給された公文書。荘園の場合には,治田墾田の公認を申請した売主・譲主の解状(げじよう)に,国司,郡司が公判を加える形式をとったが,平安京内では,売主の辞状にもとづいた条令の売買公認を申請した解状に,京職証判を加える形式をとった。所領等の領有権の根拠となる文書として,根本公験あるいは本公験と称され,訴訟等においては〈田畠領掌の道公験之証拠によるべきなり〉とされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くげん【公験】

奈良・平安時代、私有地を譲与・売買したとき、官府が所有権の移転を公認した文書。
僧尼に対して、官府が与えた身分証明書。

こうけん【公験】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公験
くげん

財産や権利の売買・譲与に際して公権力が発する証書。私的権利を保証する基本的な文書であり、財産・権利の他者への移動は、公験を伴うか否かが指標とされた。元来は律令(りつりょう)制のもとで、公式令解式(くしきりょうげしき)もしくは辞式(じしき)の形式に基づいて売り主・譲り主が売買・譲与の申請書を作成提出し、それに郡司・国司らが証判を加えることにより効力を発した。しかし時代とともに、権利・財産を保証する院宣・宣旨など、あるいは幕府発給の所領安堵(あんど)の文書をも公験とよぶようになった。また律令制下で、僧尼に対して、その身分を証明するために発せられた文書、僧尼の旅行の保証として下給された証書も公験という。[吉岡眞之]
『相田二郎著『日本の古文書』(1949・岩波書店) ▽佐藤進一著『古文書学入門』(1971・法政大学出版局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

く‐げん【公験】

〘名〙 (国家から下付する証明書)
① 令制で、度縁をえて僧や尼になったものに下付した証明書。後、鑑真の渡来により、戒牒の授与を以てこれにかえ、この制は消滅した。また、僧が長旅に出るに際して与えたこともある。
※続日本紀‐養老四年(720)正月丁巳「始授僧尼公験
② 令制で私有地の売買譲与による所有権の移動を公認する文書。売主譲主が解(げ)で上申し、これに対して国司郡司等の所管責任者が「判国司」等の公判の文言と位署を直接その解に書きこんだり別紙に書いたりして与えた。
※東南院文書‐天平神護二年(766)一〇月二一日・越前国司解「偏随前公験、復判給入麻呂等
③ 中世、私的な売券、寄進状を除いて、院宣や幕府の公文書で所領そのほかの権利の移動を公的に証明する文書をいう。
※高野山文書‐明徳三年(1392)閏一〇月二一日・大内氏奉行衆奉書「争閣公験、可無文例哉、所詮五百石者、令配惣庄

こう‐けん【公験】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android