コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公験 くげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公験
くげん

日本の律令時代公文書の一つ。「公 (おおやけ) の証験」の意で,官庁から交付される証明書のこと。特に奈良平安時代私有地売買譲渡した場合,それに伴う所有権移転を公認する文書をいい,転じて広く土地所有権を立証するための文書をいった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

公験【くげん】

(1)律令制下で,官の許可を得て出家・受戒したことを証明するため僧尼に授けた証明書。(2)平安期に私有地の売買・譲与によって生じた土地の所有権を公認し,特権を賦与するために発給した文書。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くげん【公験】

公的な証験のこと。(1)平安時代に私有地の売買・譲与によって生ずる土地の所有権を公認し,特権を賦与するために発給された公文書。荘園の場合には,治田墾田の公認を申請した売主・譲主の解状(げじよう)に,国司,郡司が公判を加える形式をとったが,平安京内では,売主の辞状にもとづいた条令の売買公認を申請した解状に,京職が証判を加える形式をとった。所領等の領有権の根拠となる文書として,根本公験あるいは本公験と称され,訴訟等においては〈田畠領掌の道公験之証拠によるべきなり〉とされた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くげん【公験】

奈良・平安時代、私有地を譲与・売買したとき、官府が所有権の移転を公認した文書。
僧尼に対して、官府が与えた身分証明書。

こうけん【公験】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公験
くげん

財産や権利の売買・譲与に際して公権力が発する証書。私的権利を保証する基本的な文書であり、財産・権利の他者への移動は、公験を伴うか否かが指標とされた。元来は律令(りつりょう)制のもとで、公式令解式(くしきりょうげしき)もしくは辞式(じしき)の形式に基づいて売り主・譲り主が売買・譲与の申請書を作成提出し、それに郡司・国司らが証判を加えることにより効力を発した。しかし時代とともに、権利・財産を保証する院宣・宣旨など、あるいは幕府発給の所領安堵(あんど)の文書をも公験とよぶようになった。また律令制下で、僧尼に対して、その身分を証明するために発せられた文書、僧尼の旅行の保証として下給された証書も公験という。[吉岡眞之]
『相田二郎著『日本の古文書』(1949・岩波書店) ▽佐藤進一著『古文書学入門』(1971・法政大学出版局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

公験の関連キーワード前九年・後三年の役奈良時代(年表)副状∥添状書下年号松浦荘高串荘古文書古代避文雅慶度牒官府別名

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android