内田 祥三(読み)ウチダ ヨシカズ

20世紀日本人名事典の解説

内田 祥三
ウチダ ヨシカズ

大正・昭和期の建築家,建築学者 東京大学総長;日本建築学会会長。



生年
明治18(1885)年2月23日

没年
昭和47(1972)年12月14日

出生地
東京・深川

学歴〔年〕
東京帝大工科大学建築学科〔明治40年〕

学位〔年〕
工学博士

主な受賞名〔年〕
文化勲章〔昭和47年〕

経歴
明治40年三菱合資会社入社。43年母校大学院で鉄筋コンクリート構造学を研究。44年に東京帝大講師から助教授を経て、大正10年教授。関東大震災後の安田講堂の建設、総合図書館など復興計画を手がけた。昭和10年から日本建築学会会長を4期務め、17年東大工学部長、18〜20年総長。26年名誉教授、文化財保護委員会委員、32年学士院会員、47年には文化勲章を受章。日本の鉄筋コンクリートおよび鉄骨構造学の開拓者であり、所沢飛行船格納庫、旧第一高等学校本館など多数の作品がある。著書に「建築構造汎論」「鉄筋コンクリートの理論と実際」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

内田 祥三 (うちだ よしぞう)

生年月日:1885年2月23日
大正時代;昭和時代の建築学者。東京大学総長;日本建築学会会長
1972年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報