凭れる/靠れる(読み)モタレル

デジタル大辞泉の解説

もた・れる【×凭れる/×靠れる】

[動ラ下一][文]もた・る[ラ下二]
人や物に自分のからだの重みをあずける。寄りかかる。「柱に―・れる」「籐椅子に―・れる」
食べた物が消化されないで胃に残り重苦しく感じられる。「食べ過ぎで胃が―・れる」
しつこくつきまとう。甘えて頼る。
「すいなる男…初対面なれば、―・れずふらず」〈ね物がたり〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android