コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戻す モドス

デジタル大辞泉の解説

もど・す【戻す】

[動サ五(四)]

㋐もとの状態や、もとあった場所などへ返す。「本を棚へ―・す」「話をもとに―・す」「白紙に―・す」「よりを―・す」
㋑水に浸したり、解凍したりして、加工する前の状態にする。「ヒジキを水で―・す」
逆の方向へ返す。「時計の針を一〇分―・す」
飲食したものを吐く。嘔吐(おうと)する。「食べ物を―・す」
下がっていた相場が回復する。「下向きだった株価が―・す」
返(かえ)す[用法]
[可能]もどせる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もどす【戻す】

( 動五[四] )
以前あった場所などに移す。返す。 「本を棚に-・す」 「話を教育の問題に-・そう」
以前の状態にする。 「計画を白紙に-・す」 「別れた夫とよりを-・す」 「(水ニ浸シテ)ワカメを-・す」
進んだのと反対の方向へ動かす。 「時計の針を-・す」
食べたり飲んだりした物を吐き出す。嘔吐おうとする。 「乗物に酔って-・してしまった」
(「値をもどす」などの形で)下がった相場が以前の値段水準を回復する。 〔「戻す」という動詞は、何か必要があって一時的に位置を変えたものを元の所に置くことをいう。動作者は、所有者自身の場合と他人の場合とがある。これに対して「返す」は他人が借用して自分の手元で使用していたものを持ち主に渡すこという〕
[可能] もどせる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

戻すの関連情報