コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吐く ツク

デジタル大辞泉の解説

つ・く【吐く】

[動カ五(四)]《「突く」と同語源》
胃や口の中の物を吐く。もどす。「へどを―・く」

㋐息を吐き出す。「ため息を―・く」
㋑呼吸する。「肩で息を―・く」「一息―・く」
好ましくないことを口に出して言う。「悪態を―・く」「うそを―・く」
[可能]つける

は・く【吐く】

[動カ五(四)]
口の中のものを外に出す。「つばを―・く」
胃や肺の中のものを口・鼻から外へ出す。「血を―・く」「息を―・く」
中にたまったものを外部へ出す。「煙突から煙を―・く」
心の中のことを言葉に出す。「本音を―・く」「弱音を―・く」
人に知られたくないことをありのままに打ち明ける。白状する。「容疑者が泥を―・く」
[可能]はける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つく【吐く】

( 動五[四] )
〔「突く」と同源〕
口などから体内の物を吐き出したり吹き出したりする。もどす。 「反吐へどを-・く」 「あわて騒いで黄水おうずい-・く者多かりけり/平家 6
息を吐き出す。 「ため息を-・く」
呼吸する。 「息が-・けない」 「やっと一息-・いたところだ」
「言う」を卑しめていう。言い放つ。 「うそを-・く」 「親に悪態を-・く」
[可能] つける

はく【吐く】

( 動五[四] )
口にふくんだ物・のみこんだ物・息などを、口から外に出す。 ↔ 吸う 「荒い息を-・く」 「痰たんを-・く」 「悪酔いして-・く」
中にある物を、狭い所を通して外に出す。 「黒い煙を-・いて走る蒸気機関車」 「浅間山が煙を-・いている」
言葉として言う。 「正論を-・く」 「弱音を-・く」 「才覚-・くともがらと/了俊歌学書」
白状する。 「仲間のアジトを-・く」
[可能] はける
[慣用] 気を- ・言言げんげん火を- ・泥を- ・火を-
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

吐くの関連キーワード天を仰いで唾する小間物屋を開く気炎を揚げるオクタロック喇叭を吹く片息・肩息天に唾する音を上げる熱を吹く由かほる青息吐息小間物店呼気音嘔吐く不穏当ほっと唾する容疑者毒舌自家

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吐くの関連情報